文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 5月13日(木)付け紙面より

フジの花 咲き誇る 鶴岡市藤島地域「病魔退散」願い込め

 「ふじ(藤)の花」をキーワードにまちづくりを推進している鶴岡市藤島地域の中心部で、フジ棚の花が開花期を迎え、空を覆うような紫色の花と甘い香りが初夏の訪れを告げている。

 同地域では1992年から地名にちなみ「日本一ふじの里づくり」を掲げ、住民にフジの苗を配るとともに、公共施設や中心部の道路沿いにフジ棚を整備している。

 最もフジ棚が集中する市藤島体育館周辺には、8種56本のフジが植えられている。市藤島庁舎産業建設課によると、今年は例年よりやや早い先月末ごろから咲き始め、今は紫色の濃いカピタン藤や野田藤などが満開となった。

 晴天となった11日午後、藤島体育館南側のフジ棚(延長約400メートル)には地元住民らが三々五々訪れ、「いい香り」などと言いながら、満開のフジ棚の下を散策する姿が見られた。

 同課によると、今後、野田白や薄紅藤などが開花し、今月20日ごろまでは咲いているという。恒例の「ふじの花まつり」(今月8、9日)は昨年に続きコロナ禍で中止。人気アニメ「鬼滅の刃」でフジの花は鬼が嫌うことから、「病魔退散」の願いを込めて写真に収めていく人もいるという。

満開となった鶴岡市藤島体育館周辺のフジ棚=11日
満開となった鶴岡市藤島体育館周辺のフジ棚=11日



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field