文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 6月11日(金)付け紙面より

甘味十分 庄内産メロンで盛り返し 丸果庄内青果で初競り 1ケース5万円の高値 生産者にエール

 庄内産アンデスメロンが地元市場に出回るようになり10日、三川町の公設庄内青果物地方卸売市場の丸果庄内青果(佐藤玲子社長)で初競りが行われた。5月の日照不足の影響で小玉傾向だが、コロナ禍の影響を受ける生産者らを励ましたいと、3L4玉1ケースが5万円という破格の高値で競り落とされた。

 この日入荷したのは、三川町成田新田の成沢秀雄さん(71)のハウス物の約20ケース(1ケース約5キロ)。成沢さんによると、5月の日照不足の影響で玉伸びが抑えられ小玉傾向だが、今月の好天で盛り返し、糖度は16―17度と高く、甘味は十分という。

 この日午前7時半から行われた初競りには地元の青果店の買受人らが詰め掛け、次々に競り落とした。1ケース5万円と丸果としては最高値で競り落とした遊佐町菅里の「鈴木青果」の鈴木孝三郎会長(75)は「サクランボが霜などで駄目なので、メロンで盛り返したい。コロナで飲食店などの需要が減り、生産者に頑張ってほしいという思いも込めた」と話した。

 丸果の飯野崇果実部統括部長によると、今年の庄内産メロンは全般的に小玉傾向ながら、糖度は高い。生育は例年より3日から1週間ほど早く進んでいる。ハウス物は今月末がピーク、その後、露地物も出て、来月いっぱいまで出荷は続く。

3L4玉で5万円の高値が付いた庄内産アンデスメロン
3L4玉で5万円の高値が付いた庄内産アンデスメロン

大勢の買受人が訪れた庄内産メロンの初競り
大勢の買受人が訪れた庄内産メロンの初競り



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field