文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 6月11日(金)付け紙面より

鶴岡公園正面広場整備事業 芝生広場 休憩施設など 23年3月完成目指し工事へ 城址イメージ 歴史的資源と調和図る

 鶴岡市が進める鶴岡公園正面広場整備事業の実施設計がまとまった。本年度から2022年度にかけて2カ年事業で、以前サル舎などがあった鶴ケ岡城の二ノ丸跡に芝生広場や休憩施設などを整備する。8日に市役所で開かれた同公園環境整備懇談会(会長・野堀嘉裕山形大名誉教授、委員15人)で具体的な整備内容が示された。

 整備区域は市役所側に面した同公園(面積約12・8ヘクタール)南東側約0・4ヘクタールで、「芝生広場」「休憩施設」「階段状広場」「イベント広場」「歴史案内サイン」などを整備する。

 最も面積が広い芝生広場は、江戸時代の鶴ケ岡城があった城址公園としての広場をイメージし、金峯山から切り出して築城に使われ現在も公園内に残る「金峯石」などの自然石を配置したり、築山を設けたりして歴史的資源との調和を図りながら、自由に広々と活用できる広場として整備する。遊具類は設置しない。休憩施設にはあずまやを設けてテーブル、ベンチを設置し、ベビーカーや車いすでも利用できるようにする。

 階段状広場はウッドデッキ風に整備し、これと連続するイベント広場はキッチンカーなども乗り入れられるようにし、このエリアの大部分がかつては堀だったことから、水面をイメージさせる舗装を施す。歴史案内サインは、休憩施設と階段状広場の間に再現する土塁の擁壁を活用し、鶴ケ岡城二ノ丸の断面や形状などを説明する案内板を設置。

 整備は同公園と市役所の間の県道拡幅工事に合わせて進められ、23年3月の完成を目指す。概算の総事業費は1億5000万円。本年度は造成工事が主になり、各施設の整備は22年度に行う。県道整備に伴い、「高山樗牛碑」は、旧バラ園跡に移設される。

 正面広場の整備事業は12年度に策定された同公園整備基本計画に基づくもの。昨年度に市民参加のワークショップを開催するなどして整備内容を詰め▽歴史の形跡が感じ取れる▽日常時もイベント時も活用しやすい▽自由な発想で広々と利用できる▽観光客にも分かりやすい―をコンセプトに設計をまとめた。

 市は整備後の正面広場の新しい名称について、公募を軸に検討する考えを示している。

23年3月の完成を目指す鶴岡公園正面広場の整備イメージ図
23年3月の完成を目指す鶴岡公園正面広場の整備イメージ図



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field