文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 6月12日(土)付け紙面より

「時の記念日」鶴岡・常念寺で見学会

 「時の記念日」の10日、鶴岡市睦町の常念寺保育園(渡邊嶺子園長、園児148人)の全園児が、近くの常念寺(渡邊成就住職)を訪れ、市の有形文化財に指定されている国内最古の塔時計を見学した。

 常念寺にある塔時計は、1880年に東京の金田市兵衛によって作られたもの。81年に旧西田川郡役所(現在は致道博物館内に移築)に設置され、翌82年に常念寺に寄付された。高さは約2・5メートル。中の2つの分銅をネジで巻いてつり上げ、その重みで針が動く仕組みだ。修理を続けながら140年以上もの時を刻み続けてきたが、昨年から修理者の不在で動いていないという。

 この日は密を避けるため0~5歳児が年齢別に交代で見学。副住職で同保育園の渡邊成孝理事長(85)が子どもたちに「日本で一番古い塔時計を見てもらうことで歴史を感じ、小さい頃から時間の大切さを知ってもらいたい」と語り掛けた。

 子どもたちは「どうして動かないの」「(ローマ数字の文字盤を指し)どうして数字じゃないの」などと質問しながら、自分たちより大きな時計に関心を示した。その後、元気よく「コチコチカッチンおとけいさん」と「とけいのうた」を歌い、一人一人、自分たちで作った高さ20センチほどの塔時計を披露。最後は時計の内部まで見学し、興奮した様子だった。年長組の本間すずちゃん(5)は「(ネジを回す)鍵が見えた。大きい時計が見れて良かった」とうれしそうに話した。

渡邊副住職の話を真剣な表情で聞く子どもたち
渡邊副住職の話を真剣な表情で聞く子どもたち


2021年(令和3年) 6月12日(土)付け紙面より

話題のサンド 鶴岡特別出店に行列

 鶴岡市馬場町の荘内神社(石原純一宮司)で10日、フルーツサンドの人気店「グリーンストア」(遊佐町)が特別出店し、買い求める人たちで長蛇の列となった。

 7月1日から始まる荘内神社の「えんむすび七夕祭」のプレイベントとして「鶴岡の人にも買い求めやすいように」と同神社がグリーンストアに出店をアプローチした。

 スーパーマーケットのグリーンストアは、店舗を移転リニューアルした2019年にフルーツサンドを新発売。その後「おいしい」と口コミが広まり、今では午前中で完売する人気となっている。

 この日、移動販売車で用意したのはマンゴー、メロン、やよいひめ(イチゴ)、キウイ、ミックスなど12種類合わせて約400個。販売開始1時間前の午後2時ごろから行列ができ始め荘内神社前から大寶館まで数珠つなぎとなった。

 石原宮司は「今週の初めにSNSで出店情報を発信したが、あらためてグリーンストアさんの人気ぶりには驚いた」と行列の対応に追われていた。

 「えんむすび七夕祭」は7月31日まで1カ月間行われるが、この間、グリーンストアが今回のように移動販売車で出店する予定(2日間)。日時については後日、同神社がSNSで発信する。

 七夕祭では、短冊の奉納のほかに今年初めて「浴衣もうで」を企画。コロナ禍によるイベント中止で浴衣を着る機会が少なくなっている中、境内に色とりどりのちょうちんを飾ったり、境内をライトアップして撮影スポットにする。

 境内のライトアップは7月1日から11日まで(時間は午後5時から同8時、七夕の7日は同9時まで)。問い合わせは荘内神社社務所=電0235(22)8100=へ。

出店をSNSで知った人たちが長蛇の列をつくった
出店をSNSで知った人たちが長蛇の列をつくった

グリーンストアの「フルーツサンド」
グリーンストアの「フルーツサンド」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field