文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 7月20日(火)付け紙面より

ワクチン接種歯科医研修 注意点を確認ダミー人形で実地に(鶴岡)

 鶴岡地区歯科医師会(毛呂光一会長)の歯科医師が18日、鶴岡市立荘内病院でコロナワクチン接種の実地研修を行った。

 普段は歯の治療で注射器を使用しているが、コロナワクチンそのものの取り扱いや注意点を確認し、集団接種の際、すみやかに対応できるよう実施した。

 この日は同会に加盟する歯科医師24人が参加。荘内病院の看護師を講師にワクチン接種の座学を受けた後、ダミー人形を使って参加者一人ずつ接種の仕方を確かめた。

 ワクチンのバイアル(容器)や注射器は、ほぼ同じものを使用。看護師から「薬液を0・3ミリリットル採取し、エアは抜き取って」「注射を受ける人の緊張を和らげることが大切」「接種後、腕や指先にしびれはないか、必ず声掛けをして下さい」などの注意点を受けていた。

 毛呂会長は「集団接種の時、(行政から)要請があれば歯科医師会として、すぐ対応できるようにしたい。一日も早いコロナの収束を願い、地域住民の役に立てれば」と話していた。

ダミー人形を使ってワクチン接種を実地で研修する歯科医師たち
ダミー人形を使ってワクチン接種を実地で研修する歯科医師たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field