文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 5月2日(日)付け紙面より

名瀑 幻想的な世界 5月9日まで 「玉簾の滝」ライトアップ

 酒田市升田の名瀑「玉簾(たますだれ)の滝」で、恒例のライトアップが行われ、幻想的な世界が行楽客たちを楽しませている。

 玉簾の滝は落差63メートル、幅5メートルで落ち口から滝つぼまで垂直に落ちる「直瀑」としては県内随一の規模を誇る。ライトアップは地元の升田自治会(高橋隆寛会長)が毎年この時期とお盆に行っており今回、水銀灯からLED(発光ダイオード)に変更、より明るく鮮明になった。

 緑色の深海に潜り込んだような幻想的な雰囲気の中、雨で水量を増した滝は圧巻。行楽客は滝つぼ近くまで足を運んでいた。同自治会の池田善幸さん(68)は「導線も重ならないよう配慮しているので、ぜひ見に来て」と話した。点灯は5月9日(日)までで、時間は日没から午後9時まで。

ライトアップで淡く浮かび上がる玉簾の滝=30日夜
ライトアップで淡く浮かび上がる玉簾の滝=30日夜



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field