文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 5月9日(日)付け紙面より

天神祭アート展や神事 テークアウト応援キャンペーン実施 (パレード中止正式決定)

 鶴岡市の天神祭実行委員会(委員長・加藤捷男鶴岡商工会議所会頭)は7日、臨時総会を市役所で開き、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、今月25日のパレードを中止することを正式に決めた。鶴岡天満宮の神事や、荘銀タクト鶴岡での天神祭アート展など一部事業は実施する。鶴岡公園への露店出店は業者の判断に委ねることにした。

 パレードの中止は、昨年に続き2年連続。臨時総会では、市内の高校でのクラスター(感染者集団)発生などを受けて先月30日、市が独自に「特別警戒」を発表、不要不急の外出自粛を呼び掛けている状況などから、「市民の安心安全を確保するのは難しい」(冒頭のあいさつで加藤委員長)と判断、全会一致で決めた。

 中止するのはパレード(踊りフェスティバルや吹奏楽のジョイフルコンサートなどを含む)のほか、化けものの衣装貸し出し(スタンプラリーを含む)、献花展、企業からの協賛金募集と御礼広告の掲載など。

 一方、実施するのは、▽鶴岡天満宮の神事=獅子舞、天狗舞含む▽天神祭アート展=25日に荘銀タクト鶴岡内に過去の大絵馬や市内の愛好者の水墨画、絵手紙を展示―など。

 自宅で天神祭を楽しんでもらうテークアウト応援キャンペーンとして、▽酒蔵等応援事業=市内の酒販店で31日まで限定バッグ入り地酒セット(市内の酒蔵の300ミリリットル瓶2本入り)を販売▽化け弁=協賛の飲食店で25日、共通の掛け紙で弁当を販売。受け付けは20日まで。協賛店は7日現在、14店―も実施する。

 露店は今年の花見時期と同様、地元業者限定で30店程度が出る予定だった。臨時総会では「1日だけの出店で採算が合うか」「アート展は見てもらいたいので、少しは人出があった方がいい」などの意見が出て、出店の判断は業者に委ねることにした。週明け早々にも業者側と話し合うという。

 そのほか、例年、踊りフェスティバルの参加児童に記念品として配っている木札は、今年は松ケ岡開墾場の堀誠理事長の揮毫(きごう)で、鶴岡高等養護学校の生徒が約600個を製作した。参加予定者に配布する。

 また、鶴岡まつり振興会議(事務局・鶴岡商工会議所)が市内の町内会から1世帯につき100円を集めてもらっている寄付金については、既に宣伝経費などを支出していることや荘内大祭が10月6日に実施予定であることを踏まえ、予定通り集金を続けてもらうよう、各町内会宛てにあらためて文書を送ることが報告された。


2021年(令和3年) 5月9日(日)付け紙面より

「網元の蔵」イメージ 旧加茂中学校跡地に移転改築 加茂コミセン来夏完成目指す

 鶴岡市が移転改築する市加茂コミュニティセンターの実施設計がまとまった。住宅密集地にある現在のコミセンを移転し、加茂水族館第2駐車場となっている旧加茂中学校跡地に、新しく整備する。計画では7月にも工事に入り来年7月末の完成を目指す。新コミセンの外観は、北前船の中継港として発展し、漁業の拠点ともなっている港町加茂で、網元の蔵をイメージさせる造りにする。

 現在の加茂コミセンの建物は1969(昭和44)年建設の木造2階建て施設で、50年以上経過して老朽化が目立つ上、敷地が狭く駐車スペースも10台ほどとなっているため、市が移転改築事業を進める。

 新コミセンの建設概要によると、敷地は約5700平方メートルと現在の2倍強となり、駐車台数も50台分ほど確保する。建物は高齢者らも利用しやすいように平屋建て(鉄筋コンクリート造り)とし、延べ床面積は現在の施設の約1・6倍の約890平方メートルになる。

 大ホールや会議室、調理実習室、研修室、防災資機材庫、事務室などを備えるほか、加茂水族館来館者や日本遺産「北前船寄港地」に認定された町並み散策を楽しむ観光客用に、休憩などができる交流スペースや施設内とは別に外部から出入りできるトイレも設けるのが特徴。

 外壁の一部には板張りを施し、切り妻屋根の造りとともに「網元の大きな蔵」をイメージさせる。また、現在のコミセンにある「加茂石」を活用して地域性をアピールする。建築事業費は約4億2500万円を見込んでいる。

 市は今月中にも移転改築工事の入札を行い、市議会6月定例会で契約案件が可決されれば、7月から工事に着手する。

「網元の大きな蔵」をイメージさせる新加茂コミセンの完成予想図
「網元の大きな蔵」をイメージさせる新加茂コミセンの完成予想図



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field