文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2024年(令和6年) 4月25日(木)付紙面より

ツイート

かたくり温泉「ぼんぼ」 27日から入浴事業再開 地元住民による「こみっとAFC」運営

 閉鎖していた鶴岡市熊出の日帰り温泉施設「かたくり温泉ぼんぼ」が27日(土)に営業を再開する。公募型プロポーザル方式で選ばれた地元朝日地域の住民で設立したNPO法人こみっとAFC(菅原和則理事長)が運営する。同日は開業前にオープニングセレモニーが行われ、餅の振る舞いなどが行われる。

 ぼんぼは、1993年12月に旧朝日村直営の温泉施設として開館。合併後に運営を引き継いだ市が2016年度に閉館の方針を打ち出したが、存続を求める地元住民らが管理運営組合を設立。市から光熱水費相当分の委託料を受けて営業を続けたものの、22年11月で営業を終了した。地域資源の有効利用として市朝日庁舎が昨年8月11日から11月11日までの3カ月間、トライアル事業を実施し、こみっとAFCが入浴事業を担った。

 このトライアル事業で1日平均150人の利用(営業日数71日)があり、収益もあったことから、同庁舎は昨年12月、本格的な営業再開に向け公募型プロポーザル方式で運営事業者を募集。応募はこみっとAFCのみで、提案された事業内容や提出された収支計画などを審査して決定した。

 こみっとAFCは4月から3年間、入浴事業のほか、隣接する高齢者等活動支援施設「健康の里ふっくら」での介護予防事業、地域振興に関するイベントなどの事業も担う。入浴事業は営業時間午前10時―午後9時で、毎月第1、3水曜休館。料金は大人(中学生以上)450円、小学生150円、未就学児無料。回数券は11回券4500円、23回券9000円、1カ月券1万円。

 オープニングセレモニーは27日午前9時半から。テープカットや再開を祝う祥雲御山太鼓の演奏、館内での餅つきと先着50人への振る舞いを予定している。問い合わせは、かたくり温泉ぼんぼ=電0235(26)1638=へ。

27日に入浴事業を再開するぼんぼの浴室の1つ
27日に入浴事業を再開するぼんぼの浴室の1つ


2024年(令和6年) 4月25日(木)付紙面より

ツイート

身近な存在・鶴岡市の「内川」 “ちょっと昔”思い出語る なつかしの内川 伝承から創出へ まちづくりへのヒントと課題も

 昭和から平成にかけて身近な存在だった鶴岡市街地を流れる内川の思い出を語り合う「ちょっと昔の内川探訪~なつかしの内川伝承活動~」が23日、市総合保健福祉センターにこふるで開かれた。市民たちが座談会形式で「昔は内川でウナギがとれた」「川で子どもが遊ぶ光景が見られなくなって久しい」などと話し合った。

 NPO法人公益のふるさと創り鶴岡(國井美保代表理事)主催。内川の昔の様子を知っている人から話を聞き後世に残すため記録するとともに、座談会の中からまちづくりやにぎわい創出のヒントを見つけようと企画した。

 同NPO関係者のほか内川近くに住む市民、大鳥や三瀬地区などから10人余りが参加。お菓子や飲み物が用意されたテーブルを参加者が囲み、和気あいあいとした雰囲気で進められた。参加者たちは1986(昭和61)年の地図を見ながら「約40年前は川端通りにずらりと飲み屋が並んでいた。平成に入ると店舗はどんどん減り、今では店が一切なくなってしまった」と話した。

 ある参加者は「鶴岡市民が内川にあまり興味を持たない理由を考えると、“川端通り”という名前が付いているのに通っても植え込みなどが邪魔して川が全然見えないからではないか」と指摘。「護岸が整備されたのは良いことだが、水面と高低差が大きくなった。橋の上からでないと川が見えない」と述べた。

 また、「昔の内川は現在よりもはるかに水深、水量ともあり、とうとうと流れる川でウナギがとれた。天然のものは多くが太平洋側に向かい、日本海側で育つのはわずか。ウナギの需要が増えるにつれ、内川でとれる分では間に合わなくなったようだ」「昭和30年代の内川は藻が非常に多く、下流から藻刈り船が来てきれいにしていた思い出がある。船の前方には機械式の大きな刃があった」などと思い出話に花を咲かせていた。

市民たちが昔の内川の姿について、後世に受け継ぐため思い出話を語り合った
市民たちが昔の内川の姿について、後世に受け継ぐため思い出話を語り合った



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field