文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 5月14日(金)付け紙面より

酒田まつりで見られないけれど… 「花魁道中」衣装飾る

 酒田まつりの行列で注目を集める「花魁(おいらん)道中」で使用される予定だった衣装を集めた展示が、酒田市日吉町二丁目の「山王くらぶ」(指定管理者・チアーズ、加藤明子社長)で開かれている。

 花魁道中は、かつて北前船によって花柳界が栄えた酒田の歴史・文化を伝えていこうと、市内の美容師らが2015年、酒田花魁道中事務局を立ち上げ、16年から酒田まつりで披露している。今回の展示では、前面にまな板帯がくる正絹の打ち掛け、高さ約20センチの高下駄など花魁が着る衣装を復元したものや、助六やかむろの衣装など往時をしのぶ貴重なものを間近で見ることができる。酒田花魁会(阿部直美会長)、湊・酒田花魁の会(松島舞会長)の協力で、衣装や唐傘など約20点をはじめ、明治大正時代の着物など貴重な品物を公開している。

 加藤社長は「普段は見ることのできないものばかり。この機会にぜひ見に来てほしい」と話した。展示は31日(月)まで。問い合わせなどは山王くらぶ=電0234(22)0146=へ。

衣装や高下駄、唐傘など約20点を集めた花魁道中展
衣装や高下駄、唐傘など約20点を集めた花魁道中展



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field