文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 5月15日(土)付け紙面より

佐藤県議が鶴岡市長選出馬へ 10月3日告示 近く正式表明 現新一騎打ちの公算

 任期満了に伴う鶴岡市長選(10月3日告示、同10日投開票)に、新人で県議の佐藤聡氏(52)=同市茨新田=が立候補する意思を固めたことが14日、分かった。既に自身の後援会幹部や関係者に伝えている。無所属で出馬する意向とみられ、近く正式表明する。同市長選には、現職の皆川治氏(46)=同市森片=が先の市議会3月定例会で再選を目指して出馬表明しており、4年前の市長選と同じく現職と新人による一騎打ちの選挙戦となる公算が大きくなった。

 関係者によると、皆川氏の対立候補擁立を模索していた複数の団体などが、先月から佐藤氏に出馬を要請するなど水面下で働き掛けを強め、佐藤氏は立候補へ前向きな考えを示していた。4月下旬以降、各方面の意見を聞くなど調整を進めていた。

 荘内日報の取材に対し、佐藤氏は「まだ決めたわけではないが、これから後援会や関係者と相談してしっかりとした対応をする」と述べた。

 佐藤氏は、鶴岡南高、早稲田大政治経済学部卒。日本航空勤務を経て、2005年の鶴岡市議選で初当選。3期目途中で市議を辞職し、15年4月の県議選(鶴岡市区)に自民党公認で立候補して初当選し、現在2期目。県議会の農林水産、厚生環境、商工労働、建設の各常任委員長、党県連青年局長などを歴任している。

佐藤 聡氏
佐藤 聡氏



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field