文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 6月8日(火)付け紙面より

3つの日本遺産連携 地域活性化・交流人口拡大図る 鶴岡市に「北前船寄港地」推進協設立

 鶴岡市北前船日本遺産推進協議会の設立総会が7日、市役所で開かれた。文化庁の日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」に同市が追加認定されたことを踏まえ、構成文化財に関わる関係者らで立ち上げもので、同市の他の2つの日本遺産とも連携しながら、PR用の映像作成や案内看板の設置、マップの作成などを通じ、地域活性化と交流人口の拡大につなげていく。

 北前船の日本遺産は2017年4月、酒田市など全国7道県11市町が認定され、その後、3回にわたる追加認定で、現在は16都道府県48市町となっている。鶴岡市は2019年5月に追加認定された。構成文化財は、北前船で栄えた加茂港周辺の町並みをはじめ、石名坂家住宅の主屋・蔵、浄禅寺の釣鐘(以上はいずれも加茂)、善寳寺の五百羅漢堂、致道博物館の北前船関連資料の5つ。

 推進協は、市、市教育委員会、加茂地区自治振興会、善寳寺、致道博物館、加茂水族館を運営する市開発公社、鶴岡商工会議所、出羽商工会、DEGAM鶴岡ツーリズムビューローの9団体で構成する。

 この日の設立総会には関係者約10人が出席。規約を承認し、会長には加茂地区自治振興会の上林達哉会長(65)=同市金沢、副会長に善寳寺の五十嵐卓三住職、致道博物館の酒井忠久代表理事を選出、顧問に皆川治市長、北前船交流拡大機構の秋葉雄参事を委嘱した。

 本年度は市の補助金100万円を財源に、普及啓発に向けた映像資料(DVD)の作成、案内表示板の製作、案内マップの作成などに取り組む。来年度以降の長期的な構想としては、市の他の2つの日本遺産(出羽三山生まれ変わりの旅、サムライゆかりのシルク)の各推進協と連携し、PRイベントへの参加や、加茂―松ケ岡(シルク)―羽黒山と連なる仮称「日本遺産ロード」としての周遊観光の推進、パンフや映像の小中学校への頒布などによる郷土愛醸成、他の北前船日本遺産認定都市との交流などにも取り組む。

 上林会長は就任あいさつで「広域的に、点でなく、線で結びながら、いろんな展開をしたい」と抱負。自治振興会所有のヨットやサーフボードを活用した体験イベントも絡めていきたい意向を示した。

 そのほか出席者からは「体験型を中心に修学旅行の受け入れに注力を」「年間50万人が訪れる加茂水族館からの人の流れをつくる工夫を」「食文化関連の動きとも連携して」「(加茂に墓がある詩人)茨木のり子さんなども絡めて」「善寳寺での座禅などの体験も」といった意見が出た。

北前船の日本遺産を生かし交流人口拡大などに取り組む推進協の設立総会
北前船の日本遺産を生かし交流人口拡大などに取り組む推進協の設立総会



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field