文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 4月25日(日)付け紙面より

ひと 「一以貫之」地域住民の期待に応えたい

酒田警察署の新署長 塚本 憲明(つかもと のりあき)さん

 今年3月、県警察本部警務部参事官兼監察課長から酒田署長に。初任地の鶴岡署はじめ庄内地方は5回目の赴任ながら、酒田は初めて。「自然が豊かで歴史が深く、食べ物がおいしい」と話す。

 警察官だった父親の背中を見て育ち、迷うことなく1984年、県警巡査を拝命。以来、主として刑事畑を歩んできた。記憶に残る事件に関して「加害者も刑期を終え社会復帰しており、被害者も悲しい思いが残る。担当した事件を公開し、いたずらに当時のつらい気持ちを思い出させたくない。捜査も一人でやったわけではないので、自慢げに話すことはできない」と。

 着任時の訓示では、▽県民の安全安心を最優先、県民の視線で真剣に努力を▽県民の期待を裏切らない組織づくり▽県民のための組織で県民のための仕事を―の3点を説き、「交通や生活の安全に向けた一生懸命なボランティアに助けられ、警察活動ができていることに感謝」と話す。酒田・遊佐両市町の治安を守るため、「地域住民の期待に応えていきたい」とあらためて気を引き締めた。

 天童市出身、県立山形中央高卒。趣味はウオーキングと歴史探訪。小学5年に始めた剣道は六段の腕前。その土地の道場に出向き師範に手合わせしてもらうのが楽しみという。座右の銘は「一以貫之」で、「一つの思いを曲げずに貫き通す。ふらふらしない。有言実行」と。1女2男は独立、妻と酒田で暮らす。55歳。

画像(JPEG)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field