文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 1月14日(土)付け紙面より

酒田港「ポート・オブ・ザ・イヤー2016」 港湾・臨海部の活性化に寄与

 公益社団法人「日本港湾協会」(本部・東京都、宗岡正二会長)は13日、その年に最も港湾・臨海部の活性化に寄与した港湾を顕彰する「ポート・オブ・ザ・イヤー2016」に、酒田市の酒田港が選ばれたと発表した。コンテナ貨物の取扱量伸び率が全国トップレベルで、住民を挙げたにぎわいづくりに取り組んでいることなどが評価されたもので、地元の関係者は「酒田港の知名度を高め、『北前船の時代』を再び」など、同港を活用した地域活性化への期待を高めている。

 ポート・オブ・ザ・イヤーは同協会が2003年から情報誌「港湾」で、読者らに投票を呼び掛け、原則として年1港を顕彰している。港湾の物流や人流、産業、観光、みなとまちづくりなど港湾活動やその話題づくりが、その年で最も優れ、わが国の港湾・臨海部の活性化に寄与し、「みなとの元気」を高めた港湾を選び、顕彰するもの。酒田港は2011年、東日本大震災で太平洋側の港湾に代わり緊急物資輸送などで被災地の復興に貢献したとして特別賞を受賞している。

 同協会によると、酒田港は今回、「官民を挙げてポートセールスに積極的に取り組み、クルーズ船の誘致を実現したほか、花王酒田工場を中心にコンテナ貨物の取扱量の伸びが非常に大きく、港湾を活用したイベントを積極的に開くなど、市民を挙げて港を盛り上げていることなどが評価された」という。得票数などは公表していない。19日に東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京で表彰式が行われ、丸山至酒田市長が出席の予定。

「ポート・オブ・ザ・イヤー2016」に選ばれた酒田港。写真は、中国向けを中心にコンテナ貨物が急増している国際ターミナル
「ポート・オブ・ザ・イヤー2016」に選ばれた酒田港。写真は、中国向けを中心にコンテナ貨物が急増している国際ターミナル



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field