文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 5月22日(水)付け紙面より

加茂水産高 「鳥海丸」出港式で決意

 県立加茂水産高校(石澤惣栄校長、生徒109人)の海洋技術科航海系2年生の男子9人を乗せた「鳥海丸」の総合実習航海出港式が20日、酒田港で行われた。7月下旬まで約2カ月間にわたって、北太平洋や日本海でイカ資源調査、サンマの流し網漁などに取り組む。

 出港式では初めに蛸井朗教頭が「各自の目的が一つでも達成できるよう、チームワークを大切に。一回りも二回りも大きくなって帰ってきて」とあいさつ。来賓あいさつに続いて在校生代表が「海の広さと困難に立ち向かい、思いやりの心を学んで」と激励した。

 実習生団長の佐藤想来さん(18)は「漁労実習や座学をしっかり学び、60日間を有意義な航海にしたい」と決意。

 会場に夫婦で駆け付けた40代の保護者女性は「不安ももちろんあるが、たくましく成長して帰ってきてくれると大いに期待」と話していた。

 しかし、この日は沖合の暴風警報のため、出港は21日午後に延期された。このため、実習生は、保護者らと一時の別れの言葉を交わしていた。
           

実習生一人一人が実習航海に向けて意気込みを述べた
実習生一人一人が実習航海に向けて意気込みを述べた



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field