文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 1月18日(木)付け紙面より

高速交通インフラ整備を

 庄内開発協議会(会長・丸山至酒田市長)は16日、麻生太郎副総理兼財務大臣に庄内地域の高速交通基盤整備の促進を要望した。麻生副総理は同日夜に鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた鶴岡商工会議所(早坂剛会頭)の新年祝賀会に出席し、この席上、丸山市長が要望書を手渡した。麻生副総理は「ミッシングリンク(未整備区間)はつながないといけない」と述べ、早期の高速道路網整備の必要性に理解を示した。

 要望書では、地方創生を実現するためにも高速交通基盤の整備は不可欠であるとし、▽日本海沿岸東北自動車道と地域高規格道路「新庄酒田道路」の整備促進▽庄内空港の滑走路を2500メートルへ延長するための国庫補助採択要件の拡充▽羽越新幹線を整備計画路線に格上げするための法定調査の実施―の3つを挙げた。

 鶴岡商議所の新年祝賀会には来賓を含め約270人が参加。早坂会頭のあいさつに続き、麻生副総理が国内外の経済情勢や日本のものづくりの重要性などについて1時間ほど講演した。

 講演終了後、丸山市長と同協議会の新田嘉一最高顧問、副会長の皆川治鶴岡市長、加藤鮎子衆院議員(山形3区)が登壇。丸山市長が「日本経済に貢献するためのツールとしても庄内地域のインフラ整備をお願いしたい」と述べ、要望書を手渡した。

 麻生副総理は「道路を整備すれば、(地域の)生産性が上がるということを示すことが肝心だ」と述べた。麻生副総理は17日、鶴岡市の慶應義塾大先端生命科学研究所やスパイバー、市文化会館「荘銀タクト鶴岡」を視察した。

庄内地域の高速交通基盤整備促進の要望を受けた後、記念撮影に応じる麻生副総理(中央)と庄内開発協の役員ら=16日、鶴岡市のグランドエル・サン
庄内地域の高速交通基盤整備促進の要望を受けた後、記念撮影に応じる麻生副総理(中央)と庄内開発協の役員ら=16日、鶴岡市のグランドエル・サン



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field