文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 1月19日(土)付け紙面より

国道112号月山道路 異例降雪時タイヤチェーン規制 規制区間12キロ短縮

 国道112号月山道路を対象にする異例降雪時のタイヤチェーン規制で、国土交通省酒田河川国道事務所は17日、実際に規制を行う際のチェーン未装着車の通行止め区間について、当初の鶴岡市上名川の上名川除雪ステーションから、約12キロ西川町寄りの「十座沢駐車帯」に変更することにした。規制区間に入る同市大網地区の住民から規制区間見直しの要望を受け、運用時の通行止め標識設置箇所の変更を決めた。

 チェーン規制は大雪による車の大規模な立ち往生を防ぐことを目的に、国交省と警察庁が今冬から実施するもの。先月14日に改正省令が施行され、全国で国道6、高速道路7の計13区間が対象となった。

 月山道路は東北地方で唯一対象となり、気象庁が大雪特別警報や大雪に対する緊急発表を出すような異例の降雪時に、上名川除雪ステーションから西川町月山沢の荒沢駐車帯までの26・7キロでチェーン装着車以外の車両の通行を禁止することにしていた。

 これに対し、規制区間に含まれる大網地区の住民が、同事務所に説明会の開催を要請。今月8日、同地区の市朝日東部コミュニティセンターで開かれた説明会で、出席した住民から「月山道路はわれわれにとっての生活道路。規制が実施され、帰宅時にチェーンがないなら引き返せと言われても困る」「山越えの車両のみを規制すればいいこと」などといった意見が相次ぎ、規制区間の見直しを求める強い要望が出された。

 今回の運用見直しは、こうした要望を踏まえ、国交省側が判断した。実際の運用に当たっては、上名川除雪ステーションでチェーン装着の確認や規制の周知を図り、十座沢駐車帯にチェーン未装着車の通行止め規制標識を設ける。これに伴い、実質的なチェーン規制区間は約15キロに短縮され、大網地区は規制区間に含まれなくなる。十座沢駐車帯は湯殿山スキー場の出入り口から約700メートル西川町寄りにある。

 同事務所は17日に見直し内容を大網地区住民や鶴岡市朝日庁舎に伝えた。同事務所は「規制区間が生活道路となっている大網地区の要望と実情を考慮し、県警などとも検討して規制実施の標識設置箇所を見直すことにした。実際の規制の際には2、3日前から事前広報を行った上で、月山道路を通過する車両については上名川除雪ステーションで装着をチェックする」と話している。


2019年(平成31年) 1月19日(土)付け紙面より

公益大生若い感性でアイデア

 酒田市がJR酒田駅前で進める駅周辺整備事業に関連し、2020年の新規開業を予定するホテル「月のホテル」のロゴデザイン、宿泊・販売促進プランなどを検討してきた東北公益文科大学(吉村昇学長)の学生たちによる成果発表会が17日、同市の大学内で行われ、若い感性で構築した計画を次々と提案。学生が提示したロゴデザインはプロのデザイナーからブラッシュアップしてもらい、実際に使用する予定という。

 駅周辺整備事業は、市と西松建設の共同出資による「光の湊」が事業主体となり、第1種市街地再開発事業として酒田駅前の旧ジャスコ跡地を中心とした敷地約1・4ヘクタールに、市の公共施設やホテルが入る複合施設(A棟)、バス待合や店舗も入る立体駐車場(B棟)、分譲マンション(C棟)を整備する。

 今回の授業は、地域の企業や団体から提示された課題に対し、複数のグループが競い合いながら解決策を提案する「競争型課題解決演習」の一つ。A棟のホテル運営を担う「月見」(酒田市、白旗夏生社長)から「地元企業の熱い思いと既成概念にとらわれない学生の新しい発想の相乗効果で、新しい公共性に配慮したホテルをつくりたい」という課題が提示され、経営コースの2、3年生9人が受講し昨年10月に開講した。

 学生たちはA、Bの2チームに分かれ、倉持一公益大准教授(経営戦略、CSRなど)、白旗社長、市職員の指導で、これまで現地視察やグループ討議など計12回の授業を行い、ロゴのコンセプト・デザイン、宿泊・販売促進プランについて検討を重ねてきた。

 発表会では、白旗社長はじめ月見社員、市職員らが聴講する中、チーム単位で報告。特に若い感性にあふれたのが宿泊プランについて。Bチームは受験生に特化したプランを提案し「ホテルと同じA棟に入る図書館を活用し、試験前日に模擬試験を実施。模擬面接の相手は白旗社長が務める」と。女子学生が多いAチームは女性向けプランが充実。持ち運び困難なヘアアイロンの客室内設置、オプションとしてスイーツ食べ放題、若者に人気があるインスタントカメラ「チェキ」の貸し出しなどを盛り込んだ。

 ロゴは、「酒田を照らす存在になって」をコンセプトに「月のホテル」の文字を行書で書き、黒、金、白の配色で高級感を持たせたBチーム提示のデザインを採用。聴講者による審査の結果、Aチームに軍配が上がり、白旗社長から「庄内ホルモン」(同市本町三丁目)の食事券10万円分が贈られた。

 講評の中で、白旗社長は「時間がない中、さまざまなアイデアを出してもらい、ありがたい。全体的にお客さん目線に立ったプランが並んだ。ホテルのオープンを楽しみにしてほしい」と述べた。

学生ならではの感性で構築した提案を発表する公益大の学生たち
学生ならではの感性で構築した提案を発表する公益大の学生たち



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field