文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 11月22日(金)付け紙面より

若者が「鶴岡シルク」アピール

 鶴岡の伝統産業の「シルク」をテーマに、地域で伝承されてきた絹文化を生かした新たなまちづくりの創造につなげる「シルクノチカラ2019」が23日(土)午後1時から、鶴岡市の荘銀タクト鶴岡(市文化会館)で開かれる。トークショーや高校生、高専生による課題研究のほか、10周年を迎えた鶴岡中央高生によるファッションショー「シルクガールズコレクション」を開催。若い世代が鶴岡の「シルク」の魅力をアピールする。

 鶴岡「サムライゆかりのシルク」推進協議会(会長・皆川治市長)が主催する。2017年に認定された日本遺産「サムライゆかりのシルク 日本近代化の原風景に出会うまち鶴岡へ」を軸に、鶴岡に息づく伝統的な地域資源を生かし、将来を担う若者たちの取り組みを紹介するイベントとして企画した。

 10年の節目を迎えたシルクガールズコレクションは、「飛躍」をテーマに設定。10周年記念で初めて繭玉から手作りブーケを制作し、LED(発光ダイオード)ライトを使った「光るブーケ」を披露。鶴岡の四季や観光資源、歴史をイメージしてデザインしたドレス、鶴岡産シルクで制作したウエディングドレスなど約50着を発表。19日は、荘銀タクト鶴岡で本番に向けたリハーサルを行った。

 高校生らの課題研究発表は鶴岡工業高が「ポケットチーフ製作を通した情報発信」、鶴岡中央高が「シルクと鶴岡の食材を使った新メニューの考案と宣伝」、鶴岡高専が「IoTでシルク・エコシステムを構築」のテーマで、それぞれ研究内容と今後の展開事例を発表する。

 トークショーには同市の日本遺産アドバイザーを務める東北芸術工科大の中山ダイスケ学長、慶應義塾大先端生命科学研究所発ベンチャー企業で人工構造タンパク質による新たな繊維素材などの開発、製造を手掛けるスパイバーの関山和秀代表執行役が登場する。

 シルクノチカラは定員1000人。入場無料だが、整理券が必要。整理券は市役所本所、各地域庁舎で配布している。問い合わせは同協議会事務局の市政策企画課=電0235(25)2111、内線526=へ。

10年目を迎える鶴岡中央高生のシルクガールズコレクション。本番に向けリハーサルが行われた=19日、荘銀タクト鶴岡
10年目を迎える鶴岡中央高生のシルクガールズコレクション。本番に向けリハーサルが行われた=19日、荘銀タクト鶴岡


2019年(平成31年) 11月22日(金)付け紙面より

加熱した甘味に歓声

 酒田調理師専門学校(酒田市、齋藤善明校長)の高度調理技術科2年生12人が20日、同市平田地域特産の伝統野菜「赤ねぎ」の出荷作業と調理を体験。生産者と交流を図るとともに、地元の在来作物に理解を深めた。

 同科2年生を対象に同校が実施している「地域の食文化を担う人材育成プログラム」の一環。本年度からスタートした同プログラムでは、これまでに同市飛島の食文化、鶴岡市温海地域の岩ガキと温海かぶについて学びを深めた。

 第4弾となった今回は赤ねぎを取り上げ、同市のJA庄内みどり(田村久義代表理事組合長)が協力。学生たちはこの日、出荷作業が盛んに行われている同市飛鳥の同JA育苗施設を訪問した。

 学生たちは最初、同JA平田赤ねぎ部会の石川巌部会長の指導で出荷作業を体験。根元に付いた土をきれいに落とし、皮をむいていくとワインレッド色が現れた。石川部会長が包装作業を披露した後、学生は生のもの、バターしょうゆで炒めたものを食べ比べ。辛味だけだった生と比べ、加熱したものは甘味が強く、学生たちは「おいしい」と歓声を上げていた。

 「赤ねぎの魅力は甘味と辛味のアンバランスさ。今年も市場評価の高いものができた」と話す石川部会長は「伝統作物には先人の思いが込められている。なぜ残っているのかを考えてもらいたい。食べて、使って、広めてもらえたら」と学生たちに呼び掛けた。

 学生の一人、鈴木翔太さん(20)=同市=は「赤ねぎは加熱すると甘くなることを知った。プロの調理師として、赤ねぎなど伝統作物を積極的に広めていきたい」と話した。

赤ねぎの出荷作業を体験する学生たち
赤ねぎの出荷作業を体験する学生たち



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field