文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 9月17日(火)付け紙面より

「MSCスプレンディダ」寄港

 酒田市の酒田港古湊埠頭(ふとう)に16日、同港としては最大規模の外国クルーズ船「MSCスプレンディダ」(パナマ船籍、13万7938総トン、通常乗客定員3274人)が初寄港し、同市の市街地は国内外の大勢の乗客でにぎわった。

 同船は、MSCクルーズ(本社・スイス)のカジュアルクラスのクルーズ船で、全長333メートル、幅38メートル、高さは20階建てビル相当の67メートル。乗組員1370人を含む最大乗員は4644人。酒田港に寄港した外国クルーズ船としては、コスタ・ネオロマンチカ、ダイヤモンド・プリンセスに続き、3隻目。回数としては2017年が1回、18年が3回、今年はダイヤモンド・プリンセス3回(4、6、8月)に続き4回目。今月14日から21日まで7泊8日の日程で横浜を起点に金沢、韓国・釜山、鹿児島などを巡るコースで、酒田は最初の寄港地となった。

 県インバウンド・国際交流推進課によると、乗客は約3400人でほぼ満席。うち約3割に相当する約900人が欧米豪を中心とする外国人。これまで埠頭発のタクシー不足が課題となっていたが、今回は通常の営業区域を緩和し、鶴岡市や庄内町のタクシー業者にも乗り入れてもらった。また、市が埠頭―中町間でシャトルバス12台のほか、中町から山居倉庫、土門拳記念館など4コースを巡るループバンを運行し、乗客の回遊を支援した。

 中町二丁目の中町モールは午前9時ごろから、大勢の乗客が訪れ、居合抜きや甲冑着付け、高校生ボランティアによる手拭い作りの各体験、地酒の試飲などを楽しんだ。

 この日は月曜日だが、敬老の日で休日。通常は金融機関が埠頭に設ける両替所を設けることができず、中町では「両替えはどこでできるか」とスタッフに尋ねる外国人が少なからずいた。酒田市の関係者によると、そうした乗客には、市が酒田光陵高やプレステージ・インターナショナルと連携して取り組んだキャッシュレス決済(周辺で使えるチケット発行)や、「クレジットカードのキャッシングならコンビニで可能」との案内で対応した。

酒田港に寄港したMSCスプレンディダ。埠頭のシャトルバス乗り場は大勢の乗客で混雑した=16日午前10時すぎ、古湊埠頭
酒田港に寄港したMSCスプレンディダ。埠頭のシャトルバス乗り場は大勢の乗客で混雑した=16日午前10時すぎ、古湊埠頭



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field