文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 9月19日(火)付け紙面より

商店街がサーキット 酒田市八幡地域「いす―1GP」

 キャスター付きの事務用椅子に座り、商店街の特設コースを駆け抜ける「いす―1GP(いすワングランプリ)山形北庄内大会」が17日、酒田市の観音寺商店街特設コースで開かれ、県内外から参戦した3人一組のチームが熱戦を繰り広げた。

 「いす―1GP」は、京都府京田辺市の商店街が2010年に始めたイベント。全国への普及に伴って「日本事務いすレース協会」が組織され、競技方式を制定した。酒田市内の青年有志12人による「八幡地域活性化グループ」(佐藤良平代表)が地域活性化策を探る中で同GPのことを知り一昨年7月、新庄市内で行われた新庄大会に参戦。地域活性化に向けた事業の一つとして地元開催を決め昨年、実行委員会(池田近実行委員長)を立ち上げて第1回を開催した。

 2回目となった今大会には、事務用品国内最大手企業の『ワークス』を含め昨年より4チーム多い24チームが参戦。観音寺地区の旧メーンストリートを通行止めにして行われた。午後1時に本戦の出走位置を決める30メートル走「ZERO―3」。同2時からの本戦では、1チーム3人が交代で椅子に座り、1周200メートルのコースを2時間で何周できるか競い合った。

 時折秋めいた柔らかな日が差し込むものの、強風が吹き荒れる中、選手たちは日頃から鍛えている脚力を披露。沿道には大勢の住民が訪れ、「速いぞ」「頑張れ」などと盛んに声援を送っていた。

商店街を会場に熱戦を繰り広げた「いす―1GP」
商店街を会場に熱戦を繰り広げた「いす―1GP」



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field