文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 9月22日(土)付け紙面より

酒田光陵高 工業4学科維持を 再編計画見直し求める

 県教育委員会が県立高校再編整備計画に基づき来年度から、酒田光陵高工業科を4学科(学級)から3学科に削減することに対し、酒田市の丸山至市長と田中廣市議会議長は連名で20日、4学科の維持に向け、再編基本計画を見直すよう求める要望書を、志田英紀県議会議長宛てに提出した。

 要望書は「本地域では県内唯一の重要港湾・酒田港を核に、国際コンテナやエネルギー産業の集積を進め2014年度の製造品出荷額は県内3番目の実績を挙げている。今後も設備投資が期待されており、地域の将来と産業を支えるため、優秀な工業系の人材を確保していく必要がある」など現状を説明。その上で、「本県産業振興のためにも、酒田光陵高工業科の4学科を維持し、港湾と地域産業の発展に欠かすことができない人材を育成確保するため、県立高校再編整備基本計画の見直しを強く要望する」という内容。

 市と市議会、酒田商工会議所は今年1月に県教育長宛てに、5月には市の重要事業要望に盛り込んで県知事と県教育長宛てに提出するなど、これまでも同様の要望活動を行っている。今回は、県教委が10月に県教育委員会規則を改正して学科ごとの入学定員を定めるという削減手続きの最終段階に入ることから、これまでは「学科削減の延期」を求めてきたのに対し、今回は「学科の維持」に向け、「再編基本計画の見直し」を求めるという、より強い口調で、抜本的な見直しを求める要望書をあらためて提出した。

 20日の酒田市9月定例市議会本会議の一般質問で、松本国博議員(公成会)からこの学科削減問題について問われ、丸山市長は「非常に危機感を持っている。市を挙げて削減を延期してほしいという思いは変わっていない。(今回の要望書提出などを通じ)県には削減について地元の思いを酌み取り、延期、あるいは見直しをしてほしい」と答弁した。

 この日は田中議長が県庁に出向き、県議会に要望書を提出。併せて、酒田商工会議所の弦巻伸会頭ら地元経済団体の代表者らも連名で、21日開会の9月定例県議会に向け、同様の内容の請願を提出した。



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field