文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 10月8日(日)付け紙面より

つるおか食文化市場「FOODEVER」 新米まつり始まる

 鶴岡市末広町のつるおか食文化市場FOODEVERで7日、「新米まつり」が始まった。9日までの3日間、「つや姫」や「コシヒカリ」などの新米ご飯の食べ比べが楽しめる。

 まつりは、鶴岡産新米のおいしさをアピールしようと、FOODEVERに店舗として入っている米販売店「殿や」が中心となって企画した。

 会場では、つや姫の中でも粒が大きいものを特別な方法で選別した「極(きわみ)」をはじめ、はえぬき、ササニシキ、ひとめぼれなど6品種の新米ご飯の試食が無料で行われた。

 訪れた人たちは「つや姫の『極』を食べたのは初めて。モチモチとした食感」と話していた。

 また「ピタリと当てましょう新米はかりゲーム」には家族連れが訪れ、米2キロがどれくらいか「勘」を働かせていた。

 8日は「お米のピザを作ろう」、9日は「新米5種・利き米選手権」などのイベントが行われる。

新米ご飯の無料試食会を楽しむ人たち
新米ご飯の無料試食会を楽しむ人たち



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field