文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 5月6日(月)付け紙面より

浜値鮮魚に行楽客どっと

 ゴールデンウイーク終盤の5日、地元で捕れた旬の魚介類を格安で販売する第28回鼠ケ関大漁旗フェスティバルが鶴岡市の鼠ケ関港で開かれ、県内外から訪れた行楽客でにぎわった。

 鼠ケ関漁業青年会が中心になって「新鮮な地元の魚をPRしよう」と1992年から毎年実施している。市場価格の2―3割という鮮魚を目当てに、地元をはじめ内陸や県外からも家族連れなど約1万人が訪れる大型連休恒例の人気イベント。

 鮮魚販売は前日の午後9時ごろから並んだという家族を先頭に、恒例の長蛇の列ができた。渡部釟次(はちじ)さん(81)=同市陽光町=は「午後11時すぎに並んで11番目。夜は寒かったよ」。

 絶好の行楽日和となった5日午前10時、開場を告げる地元の辨天(べんてん)太鼓による威勢のいい音を合図に、待ち構えた人たちが会場へなだれ込んだ。1箱1・5キロを約120箱用意したズワイガニは開始10分足らずで完売。タラやカニ、アカラなどの詰め放題コーナーの前には人だかりができ、こちらも1時間足らずで終了。近年にないにぎわいぶりとなった。天童市から家族らで訪れた延澤太一さん(36)は「昨年初めて来た時は行列の後ろの方。反省を生かして今年は整理券24番目をゲット。目当てのカニもたくさん買えたので良かった」と話していた。

 会場ではこのほか漁船クルージングや小学生対象の魚つかみ取りなども行われ、大勢の人でにぎわった。

大勢の人が訪れ、浜値の鮮魚販売に殺到
大勢の人が訪れ、浜値の鮮魚販売に殺到

鮮魚販売に並んだ長蛇の列=5日午前9時50分ごろ
鮮魚販売に並んだ長蛇の列=5日午前9時50分ごろ



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field