文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 9月11日(火)付け紙面より

山戸能と黒川能競演

 鶴岡市に息づく能楽の祭典「せせらぎの能」が8日夜、同市の温海温泉林業センターで開かれた。五十川地区に伝わる山戸能(県指定無形民俗文化財)と黒川地区に伝わる黒川能(国指定重要無形民俗文化財)が競演し、能楽ファンを魅了した。

 自治会や観光協会、商工会などでつくるあつみ温泉魅力づくり推進委員会(斎藤徹会長)が主催し、2010年から温海川沿いの特設舞台で開催。昨年からはあつみ温泉朝市広場の野外公演として行っている。この日は雨天となり、同センターに会場を移し行われた。

 初めに山戸能を上演。笛や鼓の音色が室内に響く中、地元温海地域の山戸集落の演者たちが舞台を清める「座揃囃子(ざぞろいばやし)」、稚児舞の「恋慕の舞」、能「猩々(しょうじょう)」を熱演し、詰め掛けた160人超の来場者から大きな拍手が送られた。黒川能は、牛若丸と弁慶が五条の橋で主従の契りを結ぶ上座の「橋弁慶」を上演し、幽玄の世界に引き込んでいた。会場ではビールや焼きそばなどの飲食販売も行われ、来場者たちはござや椅子席でゆったりと能楽鑑賞を楽しんでいた。

振る舞い酒を飲んでは舞う「猩々」を熱演=山戸能
振る舞い酒を飲んでは舞う「猩々」を熱演=山戸能



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field