文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2024年(令和6年) 6月8日(土)付紙面より

ツイート

サクランボ皮切りにシーズンイン 鶴岡 「くしびき観光果樹園」開所

 鶴岡市の「くしびき観光果樹園」が、サクランボを皮切りにシーズンインした。西荒屋の産直あぐりで7日、観光果樹園紹介所の開所式が行われ、櫛引観光協会の安野良明会長が「今年も『フルーツの里くしびき』を広くアピールしたい」と語った。櫛引地域にある8つの観光果樹園ではシーズン中、ブドウやナシ、リンゴのもぎ取りが楽しめる。

 産直あぐり内にある紹介所は例年通り6月から10月まで開設し、行楽客に各観光果樹園をPRしている。開所式には紹介所を運営する櫛引観光協会の関係者ら合わせて約20人が出席し収穫期を迎えたサクランボの作柄状況を紹介した。この後、地元・くしびき南部保育園の園児が元気いっぱい踊りを披露。集まった参加者の笑顔を誘った。園児たちは西荒屋の「フルーツハウス鈴木」で鮮やかに実った「紅さやか」や「紅ゆたか」「佐藤錦」といったサクランボのもぎ取りも楽しんだ。

 フルーツハウス鈴木の鈴木光秀さん(62)は「例年、隣県をはじめ首都圏の観光ツアー客、遠くは九州から来てくれるお客さんもいる。昨夏の高温少雨の影響で双子果や割れが見受けられるが、総体的に作柄は平年並み。県内外から訪れる行楽客にみずみずしいサクランボのおいしさを伝えたい」と話した。くしびき観光果樹園は次の通り。

 ▽さくらん坊やの鈴木さくらんぼ園=電080(6649)4715▽平藤隆農園=電090(2369)5607▽佐久間利兵衛観光農園=電090(5182)5817▽カラフルぶどう園=電090(3369)8447▽長南農園=電090(1938)4247▽フルーツハウス鈴木=電090(8787)9028▽佐久間ファーム=電080(1843)9275▽安野りんご園=電090(1806)5720

サクランボのもぎ取りを楽しむ園児=フルーツハウス鈴木
サクランボのもぎ取りを楽しむ園児=フルーツハウス鈴木



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field