文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 8月13日(土)付け紙面より

ダイナミックな演舞披露!! しょうない氣龍祭 観客魅了

 新型コロナウイルス感染症の影響で2020年から中止となっていた庄内町の夏祭り「しょうない氣龍祭」が11日夜、旧国道47号上の目抜き通りで繰り広げられた。町内外の踊り団体のパフォーマンスのほか、氣龍祭のために新たに制作・改修された「飛龍」と「姫龍」のダイナミックな演舞が披露され、沿道に詰め掛けた見物客を魅了した。

 氣龍祭は、2019年に終了した夏宵まつりに代わり企画された夏祭り。庄内町観光協会が主催し準備を進めてきたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、2年にわたって中止を余儀なくされていた。

 祭りのメインとなるのは同町深川地区に古くから伝わる「金沼飛龍伝説」をモチーフに制作・改修された2匹の龍。飛龍は全長40メートルで、頭部が高さ3・5メートル、長さ4・6メートル、幅2・9メートル。姫龍は全長30メートルで、頭部が高さ1・5メートル、長さ2メートル、幅1メートル。全国からの寄付で制作・改修された。飛龍の改修は色が従来の緑色から黒と金に塗り直され、新規作製の姫龍は白とピンクに仕上げられている。

 この日は同町中心部の旧国道47号「和心」前から鶴岡信用金庫余目支店前の約500メートル区間を通行止めにし、2体の龍に魂を入れる神事の後、あまるめ飛龍太鼓の力強い演奏で幕開け。町内の児童・生徒と保護者計約70人による龍担ぎ体験に続き、羽黒高校チアリーディング部「North☆Stars」や「上々連・黄金の舞」など6団体計約150人が参加した踊りパフォーマンスでは、各団体が趣向を凝らした熱い踊りを披露した。祭りのフィナーレは「飛龍」と「姫龍」の演舞。庄内飛龍會(加藤智会長)のメンバーと公募した姫龍の担ぎ手らが、ドラを打ち鳴らしながらダイナミックな演舞を披露すると、見物客から大きな拍手が送られていた。

屋台村にキッチンカー

 一方、町ギャラリー温泉「町湯」前駐車場を会場に行われた屋台村には、キッチンカーなど16店が出店。多くの人が買い求めるなどにぎわっていた。

「飛龍」と「姫龍」が威勢よく引き回された
「飛龍」と「姫龍」が威勢よく引き回された

踊り団体が熱のこもったパフォーマンスを披露
踊り団体が熱のこもったパフォーマンスを披露



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field