文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 9月7日(金)付け紙面より

神子修行始まる

 出羽三山神社(宮野直生宮司)の女性だけの山伏修行「神子修行」が6日、鶴岡市の羽黒山中で始まった。9日まで、朝晩の水ごりや禊(みそぎ)、月山への山駆けなどを通じて参加者が自分を見つめる修行を積む。

 同神社の山伏修行は男性のみに解放されていたが、出羽三山開山1400年の1993年から女性にも門戸を開いた。今年は北海道から福岡県まで、23歳から78歳の77人が参加。紅花染めの装束と白い宝冠を身に着けた参加者たちが随神門前に集合。神事を行った後、宮野宮司を大先達に石段を歩き山頂を目指した。昨年に続き参加した岐阜県神戸町の40代の女性は「大変だったが達成感があった。今年はお礼参りの気持ちも込めたい」、お膝元の手向地区から初めて参加した阿部斐子さん(29)は「出羽三山神社の宮司だった祖父が神子修行をつくったと聞いている。そうした家族の歴史も感じ取りながら修行に励みたい」と話した。

随神門を通り神子修行の一行が山頂を目指した
随神門を通り神子修行の一行が山頂を目指した



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field