文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 7月28日(金)付け紙面より

武道体験「礼」学ぶ

 三川町と友好都市盟約を結ぶ米国テネシー州マクミンビル市の中高生10人が25日から8月2日までの日程で来庄し、同町の中学生との交流を楽しんでいる。

 マクミンビル市との交流は、現地法人がある三川町の進出企業の仲介で1994年に始まった。以来、1年置きに両市町間を中学生が訪問し合うなどして交流を深めている。

 今回同町を訪問したマクミンビル市の中高生は13―15歳までの10人。2人の引率教諭と共に24日に来日。東京などを観光して、25日に三川町入りした。滞在中はこれまでマクミンビル市を訪れた子どもの家庭などにホームステイする。

 このうち、26日は三川中学校(越中聡校長)で部活動体験交流。同校の生徒約100人が校歌などを披露して歓迎。生徒を代表して3年生の佐藤咲羽さん(14)が「視野を広げる素晴らしい機会。思い切り楽しみましょう」とあいさつした。

 その後、マクミンビル市の中高生たちは柔道部と剣道部に分かれて武道体験。剣道部では礼の作法、そんきょなどを学び、竹刀で防具を着けた剣道部員を相手に打ち込んだ。ウォーレンカウンティー中学2年のコリン・ライリーさん(13)は「礼儀を重んじているのを感じた。とてもクール。今回の訪問では羽黒山登山が楽しみ」と話していた。

 一行は、湯野浜海岸で海水浴、松ケ岡開墾場見学、酒田市の相馬樓訪問などを行い、28日午後に庄内をたち帰途に就く。

三川中の生徒に教えてもらいながら剣道を体験するマクミンビル市の中高生たち
三川中の生徒に教えてもらいながら剣道を体験するマクミンビル市の中高生たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field