文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2010年(平成22年) 4月7日(水)付け紙面より

松山保育園スタート 酒田市 少子化踏まえ旧3園を統合

 酒田市松山地域の朝日、ひばり、みどりの市立3保育園を統合し、旧松山総合支所跡地に建設された松山保育園(後藤多美子園長、園児120人)の開園式が6日、同保育園遊戯室で行われた。

 阿部寿一市長が「保育ニーズの多様化と地域要望に合わせ、旧町時代からの課題に対応するため保育園を新しく造った。松山地域の中心部のにぎわいづくりの一環でもある。子育て支援センターも併せて整備し、地域の皆さんが望む拠点的施設ができた」と式辞。園児には「たくましく育ってほしい」と述べた。

 建築にかかわった業者への感謝状贈呈、富樫幸宏市議会議長らの来賓祝辞に続き、年長児31人がステージに上がり、「いっぱい遊んで大きくなります」と元気にお礼。くす玉を割って開園を告げた後、手作りみこしを担いで「ワッショイ、ワッショイ」と大きな掛け声を上げながら遊戯室を一周し、詰め掛けた大勢の保護者らとともに開園を祝った。

 松山保育園は木造一部コンクリート造り平屋建て。保育室5室、乳児室、ほふく室、ゼロ歳児用のもくよく室、遊戯室、調理室など延べ床面積約1250平方メートル。外観は切り妻屋根、日本瓦ぶきなどを採用し、城下町・松山らしい景観に配慮した。地場振興のために酒田産の杉材を木材全体の約37%使用。また、オール電化の建物とし、エコキュート給湯、蓄熱式床暖房などを採用した。

 同保育園は少子化などを踏まえ旧町時代からあった構想に基づき、市が2008、09年度の2カ年事業で建設した。総事業費は約4億5000万円。

園児たちがみこしを担いで遊戯室を一周し松山保育園の開園を祝った
園児たちがみこしを担いで遊戯室を一周し松山保育園の開園を祝った



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field