文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2012年(平成24年) 6月10日(日)付け紙面より

華やかに稚児行列

 鶴岡市の常念寺保育園(渡邊成孝園長、園児140人)で9日、「花まつり」が行われ、きらびやかな衣装を身にまとった園児たちが稚児行列を披露した。

 花まつりは、お釈迦様の誕生を祝う仏教行事で、本来は4月8日に行われる。同園では、4月の入園シーズンを避けて6月に実施。1952(昭和27)年の開園以来、毎年行っているという。

 稚児行列には年長園児29人が参加。華やかな衣装や化粧で着飾った園児たちは、鈴を鳴らして色紙を道にまきながら同保育園を出発。白象の山車も登場し、常念寺本堂までの約150メートルの道をゆっくりと歩いていた。この日は心配された雨も降らず、沿道には大勢の保護者が訪れた。保護者たちはわが子の晴れ姿に口元をほころばせ、「かわいいね」などと話しながら写真を撮っていた。

 園児たちは、本堂でお釈迦様に生花と甘茶を供えたり歌を歌ったりした後、親子で写真立て作りや会食などを楽しんだ。

華やかな姿の園児たちが稚児行列を披露した
華やかな姿の園児たちが稚児行列を披露した


2012年(平成24年) 6月10日(日)付け紙面より

色鮮やか美を競う あつみ温泉 ばら園まつりにぎわう

 「第46回あつみ温泉 ばら園まつり」が9日、鶴岡市のあつみ温泉街にあるばら園を主会場に始まった。園内には見頃を迎えた色鮮やかなバラが競うように咲き誇り、大勢の家族連れらが観賞を楽しんでいた。

 ばら園は、温泉街の東側に位置する熊野神社の参道周辺に1962年に開設。約5000平方メートルの敷地には一重咲きの「スクリーンコクテール」や黄色の花を咲かせる「クローネンブルグ」、深紅の「ジョセフィンブルース」など約90種、3000株が植えられており、毎年6―10月まで花を楽しむことができる。ばら園まつりは毎年、開花の時期に合わせてあつみ観光協会が開催している。

 初日の9日は、園内の特設ステージで「ばら園ステージショー」が開かれ、地元のあつみ保育園鼓隊や鶴岡市の歌手・村上しんごさん(みちのくレコード)の歌謡ショーが繰り広げられ、まつりを盛り上げた。

 また、この日は時折、雨が降るあいにくの天候となったが、県内外から夫婦や親子連れが相次いで訪れ、甘い香りが広がる園内をゆっくりと散策しながら見事に咲き誇ったバラの花に見入ったり、記念撮影するなどして思い思いに楽しんでいた。

 新潟県長岡市から温泉旅行で訪れた70代の夫婦は「あつみ温泉のばら園を訪れたのは初めて。とてもきれいで香りもいいし、また見に来たい」と話していた。

 まつりは10日までで、同日はバラを楽しむお茶会が開かれるほか、フォークデュオ「ダ・カーポ」のスペシャルコンサートなどのイベントが開かれる。

ばら園まつりに合わせ、園内には多くの観光客が観賞に訪れた=9日
ばら園まつりに合わせ、園内には多くの観光客が観賞に訪れた=9日



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field