文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2013年(平成25年) 10月13日(日)付け紙面より

映画「おしん」全国公開始まる

 映画「おしん」が12日から全国公開された。山形市のムービーオンやまがたで前日の11日、特別先行上映会が行われ、鶴岡市出身の冨樫森監督(53)、おしん役の濱田ここねちゃん(9)、母親役の上戸彩さん(28)が舞台あいさつした。

 映画「おしん」は、1983年に放送された橋田壽賀子原作のNHK朝の連続テレビ小説の映画化。主人公おしん役は全国約2500人の応募者から選ばれた宮崎県出身のここねちゃん、母親役は上戸さん、父親役はSMAPの稲垣吾郎さんが務め、今年の2月15日から3月31日まで庄内を中心に県内オールロケで撮影された。

 この日2回行われた上映会には約550人が詰め掛け、午後6時すぎからは冨樫監督、ここねちゃん、上戸さんが舞台あいさつに立った。ここねちゃんは山形弁であいさつした後「撮影の日は寒いというより痛かったが、上戸さんが温めてくれ、本当のお母さんみたいだった。大女優だと思って尊敬している」と笑顔で語った。上戸さんは「入水シーンは泉ピン子さんから言われた通り、命を懸けて頑張ったが、冷たさで全身に電気が走り痛かった。家族愛の強さを感じ取ってほしい」とあいさつした。

 冨樫監督は「映画化の話があった時、俺にやらせてくれと言っていたらやることになった。山形の多くの皆さまから応援していただき、本当の意味で山形の映画で、山形に恩返ししたい。山形から盛り上げてほしい」とあいさつ。山形市のお宝イメージキャラクター「はながたベニちゃん」から、ここねちゃんに花束が贈られた。

 映画「おしん」は、先月に中国で開催された第22回中国金鶏百花映画祭国際映画部門で日本映画初の最優秀作品賞を受賞。12日から全国253館で上映されるほか、タイなど11カ国での上映が決定、ベトナムなど数カ国と交渉中だ。

「はながたベニちゃん」から花束を贈られた冨樫監督、ここねちゃん、上戸さん(左から)
「はながたベニちゃん」から花束を贈られた冨樫監督、ここねちゃん、上戸さん(左から)


2013年(平成25年) 10月13日(日)付け紙面より

鍋対決や“ミニ百貨店” 「ぎんざ秋まつり」にぎわう

 鶴岡市の銀座通りで12日、初の「ぎんざ秋まつり」が開かれ、市内の飲食店などによる地元食材を生かした「鍋対決」や商店街の各店舗による「ミニ百貨店ぎんざ直売所」に大勢の市民が繰り出し、にぎわった。

 中心商店街の活性化に向け鶴岡銀座商店街振興組合(竹野等理事長)が、昨年まで10回続いた「鍋対決」のイベントを拡充する形で開催。歩行者天国になった通りにテントが並んだ。

 人気の鍋対決には19団体が出場。庄内豚や地鶏、海産物などを使い趣向を凝らした鍋を1杯200円で提供。子供連れで訪れた同市余慶町の会社員、横須賀達也さん(27)は「初めてだが、こんなに楽しいイベントとは思わなかった。いろんな鍋を食べ比べられるし、商店街の店のことを知ることができた」と感想。小雨が降りだすと若い女性グループは「ここはアーケードがあるから、雨を心配しなくてもいい」と話し、鍋に舌鼓を打っていた。

 イベントでは手工芸品の「趣味の市・手づくり体験」、ミニライブ、抽選会も繰り広げられた。竹野理事長は「多くの市民から銀座通りに足を運んでもらい、商店街を知ってもらおうと企画した。来年以降も継続実施し、内容を充実させていきたい」と話していた。

地元食材を使ったオリジナル鍋が集結し、人気を集めた鍋対決
地元食材を使ったオリジナル鍋が集結し、人気を集めた鍋対決



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field