文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2015年(平成27年) 2月20日(金)付け紙面より

鶴岡の菓子店「雛菓子」作り 城下町に春の訪れ告げる

 城下町・鶴岡に春の訪れを告げる「雛(ひな)菓子」作りが、鶴岡市内の菓子店で始まっている。

 同市内では、北前船で伝わった干菓子の雛菓子が独自に発達し、野菜や果物、縁起物のタイなどをかたどった生菓子の練り切りが伝わる。

 同市の菓子製造「木村屋」(吉野隆一社長)では、今月16日から雛菓子作りが始まった。同社が手掛ける雛菓子は子どもの健やかな成長を願うタケノコや職人技が光る精巧なリンゴやミカン、デフォルメした姿がかわいらしいタイやサクラマスの切り身など全17種。

 19日午前は、和菓子職人が型枠を使って手際良くタイやサクラマスの切り身をかたどったり、光沢を出すため寒天でコーティングしたサクランボやイチゴに柄を差すなどして仕上げていた。吉野社長は「見た目も楽しく、食べてもおいしい春を呼ぶお菓子。地元出身以外の県外からの注文も最近増えている」と話した。

 同社では店頭販売と地方発送を含め約4000箱の出荷を予定。製造のピークは2月末から3月2日まで。旧暦用も3月13日ごろから随時作り始めるという。雛菓子は箱入りでタイやミカンなど6種が入ったもので1800円(税別)。

見た目も華やかな「雛菓子」作りが始まった=19日午前、鶴岡市の木村屋・ファクトリーガーデン
見た目も華やかな「雛菓子」作りが始まった=19日午前、鶴岡市の木村屋・ファクトリーガーデン



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field