文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 10月29日(日)付け紙面より

ホークスのエースに

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)で、鶴岡東高の吉住晴斗投手(3年)を1位指名した福岡ソフトバンクホークスのスカウト担当者が27日、鶴岡市の同校へあいさつに訪れた。担当者は「球団を背負ってくれる投手になってほしい」と激励し、吉住投手は「少しでも早く1軍に上がり、1勝することが目標。結果を残したい」と決意を語った。

 小山一夫編成・育成部長、作山和英スカウトらが訪れ、非公開で約30分間面談。同校の齋藤哲校長、佐藤俊野球部監督らも同席した。

 終了後、吉住投手は「(26日のドラフトでの)1位指名にびっくりしたが、プロになるんだとあらためて実感した。今はプロとして頑張らなければならないという気持ちになっている」と県内の高校生として初の1位指名から一夜明けての心境を語った。球団側から渡されたソフトバンクのユニホームに袖を通して帽子をかぶり「球団の期待に応えられるように、自分のレベルを上げていきたい。1軍で2桁勝利できるよう成長したい」と意気込みを示し、王貞治球団会長と工藤公康監督から贈られたサインボールに笑顔を見せた。

 高校2年の夏から注目していたという作山スカウトは「ストレートが速く、身体能力が高い。体も大きく、走る姿から全身のばねの強さを感じた。これから大きく伸びる投手」と吉住投手の評価ポイントを説明。今夏の県大会以降さらにストレートの威力が増したとし、「持ち前の闘争心と強いストレートで打者をねじ伏せる投手になってもらいたい。ホークスのエースに成長を」と期待を込めた。

 吉住投手は今後、仮契約を済ませた後、12月上旬に福岡市で行われる新入団選手発表に臨み、年明けから新入団選手の合同自主トレに参加する。

ソフトバンクのユニホームと帽子を贈られ、プロへの意気込みを見せる吉住投手(左)
ソフトバンクのユニホームと帽子を贈られ、プロへの意気込みを見せる吉住投手(左)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field