文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 3月10日(日)付け紙面より

人工藻場にハタハタ産卵

 酒田市の酒田港外港地区大浜海岸にアミノ酸が溶出する特殊なコンクリートブロックを沈め、海藻の生育状況を調べているグループがこのほど、このブロックの藻場にハタハタが産卵しているのを初めて確認した。港内の砂地に人工的に藻場を造り、魚を育むという構想が現実味を帯びてきた。

 このグループは、2017年3月に地元のダイバーや漁業者、酒田光陵高、加茂水産高、鶴岡工業高等専門学校、東北公益文科大、NPO関係者らで組織した「酒田港藻場づくりの会」=代表・佐藤一道セカンドリーフ社長(49)。佐藤代表らダイバーや漁業者が中心になって15年度から、特殊なコンクリートブロックを大浜海岸に沈め、人工的に藻場を造成する実証実験を行う中で、多様な主体が加わり、17年度からあらためて水産庁の助成や国土交通省東北地方整備局の支援を受け、実証実験を本格化させている。

 ブロックは、アミノ酸が溶出する環境活性コンクリート製で、6個(1個4トン)を大浜沖約100メートルの離岸堤の内側に沈め、アカモクの母藻を植えた。その後、種が付きやすいようにブロック表面を削ったり、食害生物(ウニや小型の巻き貝)を除去するなど手入れを継続。その結果、アカモク以外にも大型、小型の多様な海藻類が増えてきたという。

 ハタハタの産卵を確認したのは今月6日。離岸堤の内側で、南北に3個ずつまとめて沈めているブロックのうち、南側の3個について、佐藤代表らが潜って調べたところ、大型の藻にハタハタの卵塊(ブリコ)が計10個ほど付いているのを見つけた。大半のふ化は終わっていたが、中には卵の中にまだ稚魚がとどまっているものもあった。

 佐藤代表は「今冬は回遊してきたハタハタの量が多く、やっとここを見つけてくれた感じでは。港内の砂地に人工的に藻場を造り、魚を育むという構想に、目に見える成果が出た形で、とてもうれしい」とする。

 藻場づくりの会では、離岸堤の外側や、さらに北側の埋立護岸でも波消しブロックを清掃。さらに砂の流れと離岸堤の関係、漂着ごみの実態を調べるなど、幅広い試験研究を行っている。

 佐藤代表は「環境活性コンクリートは普通のコンクリートより藻が増えやすいと感じている。さらに、漁業者や学生ら多くの人たちのつながりが、海の環境を良い方向に変えていけると実感。今後もこうしたつながりを大切にして活動を続け、港や地域の活性化につなげていきたい」と話す。

 環境活性コンクリートのアミノ酸溶出は最長15年ほど続くという。今月中にも、埋立護岸にも設置する計画という。

大浜の環境活性コンクリートブロックの藻場で確認されたハタハタの卵塊(上)多様な藻が繁茂している大浜の環境活性コンクリートブロック=いずれも今月6日、撮影・佐藤代表
大浜の環境活性コンクリートブロックの藻場で確認されたハタハタの卵塊(上)多様な藻が繁茂している大浜の環境活性コンクリートブロック=いずれも今月6日、撮影・佐藤代表



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field