文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 3月22日(日)付け紙面より

映画館でまちなかクラフト 多彩な手作り品展示販売

 鶴岡市の鶴岡まちなかキネマで20日から、第6回まちなかクラフトが開催されている。「Lueur Solaire」「ロケットバナナ」「刺し勇」「borzoi」「HAND WORKS あおいくま」の5組の製作者が、それぞれ天然石アクセサリー、バッグや小物、庄内刺し子、スケートボードを素材にリメークした小物、ペイント小物を出店。来場者は作品を手に取り製作者との会話も楽しんでいた。

 「HAND WORKS あおいくま」の渕江裕子代表は手描きiPhoneケースや手作りキーホルダーを出品。iPhoneケースは機種に合わせてオーダーできイラストの注文も受けている。「あおいくま」の名前の由来は「あい」「おもいやり」「いのり」「くふう」「まごころ」の頭文字。同市のイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」の看板も渕江代表が描いたものという。

 まちなかクラフト主催の小野寺勇一代表(刺し勇)は「今日は10人くらいが購入してくれたが、例年に比べると人出が少ない。本来であれば会場の映画館に春休みの子ども映画の客が多く、出店ブースももっと盛り上がるのだが。世の中のイベントが軒並み中止になっているが、まちなかクラフトを楽しみにしている人も多いので、予定通り開催した」と話した。この催しは22日(日)まで開催される。午前10時から午後4時まで。

 問い合わせは刺し勇=電090(9424)4528=へ。

刺し子の商品説明に見入る親子連れ
刺し子の商品説明に見入る親子連れ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field