文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 7月31日(金)付け紙面より

鶴岡市民芸術フェスタ開催 「芸術文化の根を絶やさない」 若い世代など広く参加呼び掛け

 NPO法人鶴岡市芸術文化協会(東山昭子会長)は、市芸文協加盟団体に加え未加盟の市内の芸術文化活動団体・グループにも参加を呼び掛けて連携し、10月25日(日)に荘銀タクト鶴岡(市文化会館)で、「鶴岡市民芸術フェスタ2020」を開催することを決めた。本年度に予定していた第15回市芸術祭が新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となり、これに代わる催しとして市民協働の芸術文化交流イベントを企画する。

 コロナ禍に伴う芸術祭の中止により、芸術文化活動に取り組む市民の発表の機会が失われることから、「鶴岡の芸術文化活動の根を絶やすことのないように」と、未加盟団体・グループなどにも幅広く参加を呼び掛け、市民に開かれた芸術フェスタを実施する。

 テーマは“ポスト・コロナ”も意識し、「伝統を引き継ぎ新しいステージを創(つく)る」とした。
 コロナ禍に心折れない強さで立ち向かう元気を呼び込み、芸術文化の力で市民の意欲や活力の向上につなげるのが狙い。舞台を使う団体を主体に市民交流を目的としたステージ発表を繰り広げる計画で、出演団体からは10―20分程度の時間で発表してもらう予定。参加費、入場料ともに無料とする。

 主催は市芸文協の理事や市教育委員会などでつくる実行委員会(委員長・梅津芳春市芸文協理事)。8月20日(木)まで参加を募り、出演団体をとりまとめた後、実行委が具体的な実施内容を詰める。市芸文協は「コロナ禍でさまざまな活動が制約を受け、計画していた発表の機会を本年度は取りやめる団体も多い。芸術フェスタの企画、開催を通じて市民とともに鶴岡の芸術文化の根を絶やさず次代に向けてつなぎ、盛り立てたい。高校生など若い世代の参加を期待したい」と話している。

 参加申し込みなど問い合わせは、市芸文協内の市民芸術フェスタ2020実行委事務局=電0235(57)2008=へ。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field