文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 5月5日(木)付け紙面より

GW 家族で楽しく 荘内神社「泣き相撲」 元気な泣き声に笑顔あふれる

 鶴岡市馬場町の荘内神社(石原純一宮司)で4日、「泣き相撲」が始まった。赤ちゃんを対象に「大きな声で泣いたほうが勝ち」というユニークなイベント。生後4カ月から2歳児までがエントリーし、元気な泣き声を響かせた。

 5月5日の「こどもの日」に合わせて、幼児の健やかな成長と健康を願おうと始まった。今年で7回目。4、5の両日合わせて鶴岡市内などから138人が「出場」する。

 初日の4日は、神社の拝殿で健康を祈願した後、「取組」がスタートした。東西に分かれた赤ちゃんはねじり鉢巻きをして「見張って、見張って、はっけよーい、のこったー」。

 石原宮司が行司を務め、元気に泣いた赤ちゃんに軍配を上げた。会場の参集殿には、赤ちゃんの父母や祖父母たちが集まり、元気な取組に笑顔があふれていた。

 石原宮司は「もともと泣き声で邪気をはらい元気な声を神様に聞かせる、という意味がある。家族そろって成長の思い出にしていただければうれしい」と話していた。

 2日目の5日は第1取組が午前10時、第2取組が午前11時、第3取組が午後2時から行われる。

元気に泣く赤ちゃん。会場に集まった人たちの笑顔を誘った
元気に泣く赤ちゃん。会場に集まった人たちの笑顔を誘った



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field