文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2008年(平成20年) 3月21日(金)付け紙面より

雪解け水で身清める 出羽三山神社神職養成所 最後の荒行「卒業禊」

 鶴岡市の出羽三山神社神職養成所の「卒業禊(みそぎ)」が20日、羽黒山中の祓(はらい)川で行われ、卒業生たちが冷水に入る荒行で修行を締めくくった。

 同神社は古くから神職の要請に取り組み、1962年から神社本庁承認の養成所を開設している。生徒は神職の専門知識を学ぶとともに、山伏修行なども積む。本年度は2年課程の卒業生2人と1年課程の修了生1人が、教官や後輩たちと禊に臨んだ。

 下帯にわらじ姿の卒業生たちは、「エイサー、エイサー」の掛け声で独特の準備体操をした後、雪解け水がゴヴゴウと音を立てて流れる祓川に入った。

 羽黒山中は、ここ数日続いた暖かい天候で雪解けが進み、国宝・五重塔付近も木々に雪がなく春めいた雰囲気。それでも川水は身を切るような冷たさで、肩や胸まで真っ赤に染まった。約10分間、一心に祝詞を繰り返し、最後の荒行を勤め上げた卒業生たちは、神職への決意を新たにしていた。

最後の荒行として行われた出羽三山神社神職養成所の「卒業禊」
最後の荒行として行われた出羽三山神社神職養成所の「卒業禊」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field