文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2007年(平成19年) 4月14日(土)付け紙面より

広がる黄のじゅうたん 三川町 菜の花満開、撮影会前倒し

 来月5日に「なの花まつり」を控えた三川町で、まつりのメーン会場となるいろり火の里周辺の菜の花がほぼ満開となった。まつり前に最盛期を迎えそうなため、同町では恒例の「菜の花娘撮影会」を当日のほか、今月22日にも行うことにしている。

 なの花まつりは、町観光協会(会長・阿部誠町長)が町の花・菜の花を広くPRしようと、開花時期に合わせて毎年開催している。今年で25回目を迎える。

 昨年は大雪の影響で、いろり火の里周辺の菜の花畑で生育状況が思わしくなく、町内の押切新田にも撮影会場を設けた。ところが今年は4月に入って気温が上昇し、5日ごろにはメーン会場の菜の花が三―五分咲き、11―12日にはほぼ満開の状態となった。

 同町企画課では「例年なら町を流れる赤川沿いで菜の花が咲き始め、その後にまつり会場周辺が咲くのだが、今年は会場周辺がはじめに咲き出した。暖冬の影響で地熱が高かったことと、急な気温の上昇のためかも」と話している。

 また、同課では「なの花まつりはゴールデンウイークの終盤、5月5日で定着しており、前倒しで開催するわけにもいかない。菜の花の開花は約1カ月と長く、最盛期は過ぎるものの何とか持ちこたえそう」という。

 ただ、菜の花娘撮影会に関しては、「見ごろの菜の花を背景にしてもらうため」(同課)に、22日とまつり当日の2回に分けて開催する。22日はいろり火の里周辺で、来月5日は押切新田地区でそれぞれ行われる予定で、近くチラシなどで日時や場所を告知するという。

 なの花まつりでは、故石ノ森章太郎氏の貴重な原画などを展示する「石ノ森章太郎ふるさと記念館わくわくまんが展」をメーンに、各種イベントが開かれる。

「なの花まつり」を前に、三川町内では菜の花がほぼ満開。黄色の花が一面に咲き乱れている
「なの花まつり」を前に、三川町内では菜の花がほぼ満開。黄色の花が一面に咲き乱れている



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field