文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2010年(平成22年) 4月4日(日)付け紙面より

欧米から誘客を 英語版パンフレット作製

 日本海きらきら羽越観光圏推進協議会(会長・榎本政規鶴岡市長)は、欧米など英語圏からの誘客を促進するため、観光圏の英語版パンフレットを作製した。

 庄内の5市町と戸沢村、秋田県にかほ市、新潟県村上市、関川村、粟島浦村の3県10市町村エリアで2泊3日以上の滞在型観光の確立を目指し、昨年4月から進めている観光圏整備事業の一環。まず日本語のパンフレットを作り、庄内在住の英語圏出身者などの協力で英訳した。

 観光モデルコースとして掲載したのは、冬のスキー、夏のビーチを満喫する「季節限定・旬の旅コース」、羽黒山五重塔など国宝や史跡、村上市の町屋などを巡る「歴史文化堪能コース」、鳥海山や六十里越街道のトレッキングなどで自然と触れ合う「自然体験満喫コース」、日本海の飛島・粟島を巡る「島探検コース」の4コース。

 さらに、鶴岡市の絵ろうそくや御殿まり、酒田市の酒田獅子など伝統工芸品、羽黒山の山伏修行体験など各種体験コース、鶴岡市のだだちゃ豆や各地の地酒、村上市の鮭料理などの郷土食、エリア内9つの温泉地や足湯スポットの紹介のほか、羽黒山の杉並木、致道博物館酒井氏庭園など「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」掲載地も盛り込まれている。

 このほか、観光圏全体のマップや年間イベント案内、交通アクセス、ホテルガイドも付いている。

 B2判で折り畳むとB5サイズになる。1万部作製し、首都圏や関西圏などの旅行エージェント、県の東京、大阪、名古屋各事務所、JR新潟、秋田各支社、県内の国際交流機関・団体、観光協会、観光案内所、道の駅、観光・宿泊施設、庄内空港、高速道路サービスエリアのほか、県ソウル事務所、東京にあるマレーシア、ハンガリー両大使館、米国在シアトル日本領事館などにも配布した。

 同推進協議会事務局の庄内観光コンベンション協会では「パンフレットでは英語圏の外国人が好む海や山の魅力の紹介にも力を入れた。これを活用して外国人観光客の一層の誘客を図っていきたい」と話している。

誘客促進へ観光圏の魅力を紹介する英語版観光パンフレット
誘客促進へ観光圏の魅力を紹介する英語版観光パンフレット



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field