文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2010年(平成22年) 12月1日(水)付け紙面より

ハートフル美容師会が初の講座 「認知症」をサポート

 県美容業生活衛生同業組合・ハートフル美容師会(大井弘子会長)の認知症サポーター養成講座が29日、鶴岡市総合保健福祉センターで開かれ、庄内地区の美容師たちが認知症への理解を深めた。

 高齢者や障害者に優しい美容を心掛ける「福祉美容」に取り組む同美容師会が、認知症の人への接し方や見守り方を学ぼうと初めて講座を企画し、庄内地域の会員に呼び掛けて開催。講座には会員以外の美容師を含め20―70代の約60人が参加した。

 「認知症を学び地域で支えよう」をテーマに、鶴岡市地域包括支援センターの碓氷ひろ子さんを講師に迎えて研修した。加齢によるもの忘れと認知症の記憶障害との違い、認知症の具体的な症状などの説明を受け、「本人は不安感を抱いているので、心で接して援助する」「自分が認知症になったらという気持ちで接する」など認知症の人と接する場合の心構えを学んだ。

 受講者には、認知症の人や家族を応援するボランティアであることを示す「認知症サポーター」のピンバッジが交付された。同組合鶴岡支部長も務める大井ハートフル美容師会長は「美容師という仕事上、認知症の方と接する機会が少なくない。庄内ブロックの研修会として今回初めてサポーター養成講座を開いたが、今後は全県にこうした活動を広め、知識と理解を深めていきたい」と話した。

ハートフル美容師会が初めて開いた認知症サポーター養成講座
ハートフル美容師会が初めて開いた認知症サポーター養成講座



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field