文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2011年(平成23年) 7月1日(金)付け紙面より

飛鳥中が特別研究指定校に パナソニック教育財団実践研究助成

 全国の小中学校・高校などを対象にしたパナソニック教育財団(東京都港区、理事長・遠山敦子元文部科学大臣)の第37回(2011年度)実践研究助成で、酒田市の飛鳥中学校(渡部俊明校長、生徒163人)が特別研究指定校に選ばれた。全国で6校、中学校では同校だけで、各自の評価シートを生徒に自由に閲覧させることで学習意欲を高め、学習計画の充実などを図る「学習評価システム」の構築と授業改善に取り組んでいることが高く評価された。

 この助成制度は、ITC(視聴覚・情報通信メディア)を効果的に活用し、初等中等教育の課題改善に取り組む実践的な研究計画が対象。研究期間が単年度の一般、2年間の特別研究指定校があり、毎年計約70件に助成している。飛鳥中は昨年度まで2年連続で一般の部で助成先に選ばれた。

 今回は一般310件、特別20件の計330件の応募があり、審査の結果、一般で小学校41件、中学校11件、高校10件、特別支援教育諸学校5件、教育研究所・教育センター4件、特別では小学校4件、中学校・高校各1件の研究が採択された。

 飛鳥中は、前の2年間の研究課題をさらに掘り下げ、自らが学習状況をとらえて深化・改善のために努力しようという生徒の育成を目指す「学習意欲を引き出す評価システムの構築と授業改善」を研究テーマに応募。

 システムは、自分で立てた学習計画を自主的に行える力をつける「ブラッシュアップ(磨き上げ)タイム・ノート」、単元の達成度を見取り学び直しで支援する「フェニックス(不死鳥)タイム」、学習が進まない生徒を全職員で支援する「プライベートティーチャー」、職員と生徒が一緒にパソコンを開いて各自の評価シートを確認しながら頑張り方などを指導・助言する「ガイダンスタイム」が大きな柱で、評価シートへの入力などにコンピューターを活用。生徒は自分のID番号を打ち込むことで、その内容を自由に見ることができる。

 また授業では、教師による一方的な一斉授業から、生徒が活動できる場面をできるだけ多く設け、生徒の良さをとらえ、伝え、広げるような改善に取り組んでいる。

 こうして学習評価システムの構築にITCを活用し、定期的に評価したものを生徒に閲覧させ、学習意欲を高め、学習計画を充実させている点が高く評価された。

 助成金は2年間で150万円。同校ではパソコンなどITC機器の購入やシステムの改善、教職員の研修、来年11―12月に予定する発表会の費用などに充てる考え。

 渡部校長は「子供たち、教職員らが、学習を前向きにとらえていこうと一生懸命に頑張っている。その気持ち、姿勢が素晴らしい」とし、「(その基礎をつくった)前任の梅木仁(現琢成小)校長が定めた方向から、ずれないように取り組んでいきたい」と話している。

職員と生徒がパソコンに蓄積した評価シートを確認しながら今後の見通しや頑張り方などを考えるガイダンスタイム
職員と生徒がパソコンに蓄積した評価シートを確認しながら今後の見通しや頑張り方などを考えるガイダンスタイム



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field