文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2011年(平成23年) 3月24日(木)付け紙面より

冥福と復興をも願う 春日神社 黒川能の奉納舞披露

 鶴岡市黒川の春日神社で23日、祈年祭が行われた。五穀豊穣(ほうじょう)を祈願するとともに、東日本大震災で失われた命の冥福と被災地の復興を願い、黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の奉納舞が披露された。

 祈年祭は、11月23日に行われる新嘗祭(にいなめさい)とともに同神社を代表する農耕神事。この日は地元黒川地区の住民が参列し、祝詞奏上で被災地の一日も早い復興を祈願した。続いて笛や琴の音色に合わせ、神官たちがくわやすきで土を耕し、みこ姿の子供たちが稲を植えるしぐさで農作業の様子を舞い、今年の豊作を願った。

 今年の奉納舞は上座が能「黒塚(くろづか)」、下座が能「岩船(いわふね)」と狂言「蟹山伏(かにやまぶし)」の計3番。このうち「岩船」は、従者とともに住吉の浦に下った臣下のもとに童子が現れ、舞を舞う。続いて金銀珠玉を積んだ岩船を引く龍神が現れ、数々の宝を帝にささげて国家の守護を誓う―という物語。

 神社内の能舞台には鼓や笛の音が響き渡り、演者たちが黒川能独特の謡と舞を繰り広げ、集まった能楽ファンを魅了した。

黒川能の奉納舞で今年の豊作などを祈願した=鶴岡市黒川の春日神社
黒川能の奉納舞で今年の豊作などを祈願した=鶴岡市黒川の春日神社


2011年(平成23年) 3月24日(木)付け紙面より

避難所に県警「べにばな支援隊」

 東日本大震災に伴い、大勢の被災者が県内に避難していることを受け、県警は女性警察官で編成する支援部隊「べにばな支援隊」を23日から、庄内地方を含む県内の各避難所に派遣した。生活相談などを通して避難者たちの心のケアに努めている。
 
 べにばな支援隊は、2004年に発生した新潟中越地震で活躍した新潟県警の「ゆきつばき隊」の活動を受け、09年に編成。女性警察官2人、男性警察官1人の4班を編成し、村山、最上、庄内、置賜で活動。避難所生活の悩みなど生活面の相談を中心に防犯指導、子供たちの触れ合い活動などを担う。庄内地方では鶴岡、酒田両署で同隊を編成し、9カ所の避難所を対象に活動する。

 23日午前中は、福島県相馬市の5家族24人が避難生活している鶴岡市添川の藤島農村環境改善センターを訪れた。同施設の食堂を臨時の相談所として活用し、酒田署の清水香織巡査と鶴岡署の佐竹めぐみ少年補導官が約10人の避難者の相談に乗った。「避難生活で不安はありませんか」などと聞くと、「向こう(相馬市)では頻繁に余震があり、眠るのも大変だったが、ここの避難所ではゆっくり眠れる」「地域の方たちのおかげで不自由なく生活できている。大変ありがたい」と答えていた。相談が終わると、避難者たちは心がすっきりした様子で「どうもありがとう」と笑顔を見せていた。

 べにばな支援隊の活動は当分の間行われる予定で、清水巡査は「被災者の心に配慮した相談を心掛けている。この活動を通して、私たちが支えていくという気持ちを伝え、安心感を与えていきたい」と今後の抱負を語った。

女性警察官で編成する「べにばな支援隊」が避難者たちの生活相談に当たった=23日、藤島農村環境改善センター
女性警察官で編成する「べにばな支援隊」が避難者たちの生活相談に当たった=23日、藤島農村環境改善センター



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field