文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2012年(平成24年) 4月28日(土)付け紙面より

雪の回廊縫うように 鳥海ブルーライン安全願い開通

 鳥海山(2236メートル)の中腹を通り遊佐町と秋田県にかほ市を結ぶ山岳観光道路「鳥海ブルーライン」(延長約35キロ)の開通式が27日、同町小野曽集落の旧料金所前で行われ、シーズン中の無事故と登山者らの安全を祈った。

 開通式では、時田博機遊佐町長が「鳥海山は町民だけでなく、広く恵みをもたらす山。本日は、お出でになる方々の安全を祈るとともに、この地域の豊かさ、素晴らしさを全国に発信するきっかけになれば」とあいさつ。地元選出県議の祝辞に続き、庄司茂正NPO法人遊佐鳥海観光協会理事長ら9人がテープカットした。午前4時に到着し一番乗りした藤井昭三さん(75)=酒田市宮海=に花束と記念品の「花笠人形」、10番目までに「鳥海山の恵みをいただくカレールウ」など町の特産品詰め合わせが贈られた。

 その後、鳥海太鼓の勇壮な演奏に送られ、パトカーを先頭にパレード。今季は例年より残雪が多く、標高1000メートルの大平山荘付近では高さ3・5メートルほどの雪の回廊になっている。パレードの車は時折かかる霧の中、雪の壁を縫うように走行。県境を越え、合同安全祈願祭が行われる秋田県鉾立の稲倉山荘を目指していた。

パレードに参加した車が雪の壁を縫うように走り秋田県側を目指した
パレードに参加した車が雪の壁を縫うように走り秋田県側を目指した



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field