文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2014年(平成26年) 10月31日(金)付け紙面より

異文化学び成長へ決意 「はばたき」米国へ出発

 酒田市の中学生海外派遣事業「はばたき」の出発式が30日、同市の庄内空港で行われ、市内の中学2年生22人が期待を胸に米国オハイオ州に向け出発した。11月8日まで9泊10日の日程で米国に滞在し、現地の中学生の家族との交流などを通じて異文化への理解を深めてくる。

 同市教育委員会が、国際理解やコミュニケーション能力の養成などを狙いに1996年から、市内の中学2年生を対象にほぼ毎年実施しており、今年で17回目。別事業の海外派遣がある松山地域(東部中)を除き、市内全域から募集・選考した生徒を派遣した。

 この日午前8時すぎ、庄内空港3階ロビーで行われた出発式には、保護者や学校関係者も参加。市教委の村上幸太郎教育長があいさつで「違う人と出会うことで、自分のことがよく分かるようになる。元気に行ってらっしゃい」と激励。生徒を代表し酒田六中の石澤隼大君(13)が「たくさんの人に支えてもらった感謝の気持ちを忘れず、酒田は日本の代表という気持ちで行ってくる。大きく成長して帰ってきたい」と決意を述べた。

 米国内での感染が確認されているエボラ出血熱について、村上教育長はあいさつの中で保護者向けに「関係機関と情報をやりとりし、問題はないと判断。小まめに情報を取りながら対応するので安心を」と話した。

 中学生は引率教諭と共にオハイオ州、デラウェア州に行き、5泊にわたり民家にホームステイしながら、現地の中学への体験入学、ホームパーティー、フットボールの観戦、ワシントンDCの見学などを行う予定。

村上教育長(左)から激励を受ける中学生たち
村上教育長(左)から激励を受ける中学生たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field