文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 5月19日(金)付け紙面より

「メッケ犬」土人形の絵付け挑戦

 鶴岡市の大山小(奥山愼校長)の3年生62人が17日、地元の伝統的な祭りを学ぶ総合学習で、大山犬祭り(6月5日)の主役「メッケ犬」をかたどった土人形の絵付けを体験した。

 酒田市に伝わる土人形「鵜渡川原人形伝承の会」のメンバーが、メッケ犬をモチーフにした型を作り、高さ10センチほどの素焼きの人形を一人一人に準備。同会の本間光枝さん(65)ら4人が同校を訪れ、「みんながメッケ犬の親になった気持ちで作って」と呼び掛け、約2時間の授業で指導。土人形に関心があるという鶴岡市出身のタレント、三浦友加さんも参加し、児童と交流した。

 児童たちはアクリル絵の具で絵付けに挑戦。素焼きの赤茶色の表面に下地となる白色を塗り、乾かした後に思い思いの色でメッケ犬を仕上げた。中には目を青く塗ったり、全体を金色や銀色にしたりと、創造力豊かなメッケ犬が次々と誕生した。佐藤紅后(ここ)さん(8)は「何色のメッケ犬にするか、色を選ぶのが少し難しいけど楽しい。今年はミニからぐりに参加するので、お祭りも楽しみにしています」とうれしそうに話した。

メッケ犬の土人形の絵付けに挑戦する児童たち
メッケ犬の土人形の絵付けに挑戦する児童たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field