文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 7月15日(土)付け紙面より

みなとオアシス酒田 東埠頭上屋、緑地公園活用へ

 酒田市の酒田港本港地区のにぎわい創出に向け、県を中心にした産学官の関係者による「みなとオアシス酒田の魅力向上検討部会」が14日、設置された。東埠頭(ふとう)上屋と緑地公園の活用を中心に、「みなとオアシス酒田」(国土交通省が2005年7月に本港地区を認定)の魅力アップを図る方策を検討し、可能なものから来年度の県予算などに反映していく方針だ。

 この部会は、昨年1月に国交省酒田港湾事務所が中心になって県、酒田市と立ち上げた「元気で使いやすい酒田港検討会議」の内部組織という位置付け。同会議はコンテナ貨物の急増やクルーズ船誘致の機運の高まりなど酒田港を取り巻く情勢が急変していることを踏まえ、今後の港湾整備などに生かすため課題を洗い出している。部会はこれまで出てきた短期的課題について、関係者の意見を聞き対策につなげようと、県港湾事務所(菅井時弘所長)が中心になって設置した。

 委員は国交省酒田港湾事務所、県、市、酒田商工会議所、酒田青年会議所、さかた海鮮市場、市みなと市場、東北公益文科大、市立資料館の関係者ら10人。

 検討課題は、▽既存施設を生かす取り組み(東埠頭上屋の利活用、緑地公園への誘導と利活用、県酒田海洋センターのリニューアル)▽観光客を増やす取り組み(周辺施設や関連行事との連携、周辺施設からの誘導方策、外国人を含む観光客への案内方策)―の2項目。このうち特に、上屋と緑地公園の活用の2つを重点課題とした。

 上屋は1970年に完成したもので、当初は食塩や飼料などの保管に使われたが、陸上輸送へのシフトに伴って利用頻度は減り、現在は酒田青年会議所が酒田まつりの山車の製作・保管などに使っている。広さは748平方メートル。緑地公園は本港地区に整備された憩いの場で、ローラースケート場やバスケットリング、遊具などがあるが、利用は一部にとどまっている。

 この日、酒田海洋センターで開かれた初会合には事務局を含め約20人が参加した。上屋や海洋センターを見学した後、意見交換した。県港湾事務所の菅井所長は冒頭のあいさつで「来月の外国クルーズ船の寄港などもあり、酒田港への関心は高まっているが、一層盛り上げていきたい。実現可能なところから、来年度の予算要求につなげたい」と述べた。

 会議は非公開で行われた。後に概要を公表するという。今後、事務局が実施計画素案を作り、8月中旬ごろの第2回会議を経て、9月上旬ごろまで実施計画をまとめる予定。

意見交換に先立ち、東埠頭上屋(右手前の建物)を見学する委員たち
意見交換に先立ち、東埠頭上屋(右手前の建物)を見学する委員たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field