文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 12月21日(木)付け紙面より

江戸時代の加茂坂峠古道 ・新道のルート 市民有志が調査 明らかに

 鶴岡市の高館山(標高約273メートル)を隔てて日本海側の加茂地区と内陸側の大山地区を結び、江戸時代ごろに物流の要所として使われた「加茂坂峠古道」と、江戸後期に開削された「加茂坂峠新道」のルートが、市民有志による調査でほぼ明らかになった。

 市自然学習交流館「ほとりあ」のサークル活動の一環で、地元住民などで2013年に結成した「高館山周辺の歴史と文化を知る会」(後藤義治会長、メンバー8人)が今年9月、「今、よみがえる加茂坂峠古道」として報告書をまとめ、自費出版した。

 加茂坂峠古道は江戸時代初めごろの整備とされ、商業港として栄えていた加茂港と内陸を結ぶ物流の要所を担った。その後、湯殿山行者の鉄門海上人(1759―1829年)の志願で、加茂坂峠新道が1812年までに完成。さらに、県の事業で86年加茂隧道(ずいどう)が仮開通。1939(昭和14)年には拡張工事により隧道の自動車通行が可能に。現在は2003年に完成した加茂坂バイパス・新トンネルが往来を支える。

 加茂と大山を結ぶ峠道は、高館山周辺に幾筋もあったとされ、現在でも無数に痕跡が確認でき、このうちの古道と新道のルートの詳細はこれまで謎に包まれていた。

 同知る会は約3年をかけ、地形や文献を調査。関連文献をあらためて調べる上で「大泉叢誌84」(致道博物館蔵)に有力な記述を発見。工事中の加茂坂峠新道を見物した際の記録で、新道と古道の各位置関係に言及していた。これまで見つかっていた絵地図と照らし合わせ、現地でも痕跡を確認した。

 加茂小と大山小の統合で今年春誕生した新・大山小では、同知る会のメンバーで元加茂小校長の升川繁敏さん(62)が非常勤講師を務めていたこともあり、6年生63人が、4月から「加茂と大山をつなぐ道」をテーマに総合学習に取り組んだ。両地区の子どもたちが調べ学習や10月には劇で学習成果を発表。11月30日の古道の登山で締めくくった。加茂と大山の古来のつながりに理解を深めている。

報告書を販売

 「今、よみがえる加茂坂峠古道」は、A4判46ペイジ。1部1500円(税抜き)。初版で500部印刷し、増版も予定。「ほとりあ」や昭文堂書店(同市大山二丁目)、阿部久書店(同市山王町)で扱う。問い合わせは同知る会事務局の石川さん=電090(4452)2108=へ。

市民有志が自費出版した報告書。調査で明らかになった加茂坂峠古道と新道のルートも掲載
市民有志が自費出版した報告書。調査で明らかになった加茂坂峠古道と新道のルートも掲載

総合学習の集大成で学んできた古道を実際に登山する大山小6年生=11月30日
総合学習の集大成で学んできた古道を実際に登山する大山小6年生=11月30日


2017年(平成29年) 12月21日(木)付け紙面より

国道維持工事災害防止協議会 鶴岡の保育園で紙芝居や楽しい演奏披露

 国道維持補修工事を受注する建設会社の社員らが20日、社会貢献活動の一環として鶴岡市の道形保育園(菅原光輝園長、園児121人)を訪れ、紙芝居や音楽演奏などで子どもたちを楽しませた。

 訪れたのは、国土交通省酒田河川国道事務所発注の国道維持補修工事を受注する浅賀建設(鶴岡市大半田、浅賀隆社長)の工事協力会社で組織する工事安全衛生・災害防止協議会(上野歳一会長)のメンバー。4年前からクリスマス時期に合わせて、国道沿線の保育園を訪れており、今年は22日(金)の大泉保育園と2カ所で行うことにした。

 この日は協議会のメンバー7人が真っ赤なサンタクロースの衣装で訪問。ホールに全園児が参加し、初めに防災に関する紙芝居2本を上演。続いて関係者によるオカリナ演奏も行われ、クリスマスソングやアニメソングを披露。誰もが知っているアニメソングが流れると、子どもたちは大きな声で一緒に歌って大盛り上がり。

 最後にトナカイの着ぐるみとサンタクロースに扮(ふん)したメンバーが再び訪れ、代表園児に防災に関する絵本セットをプレゼント。子どもたちはクラスごとにサンタクロースと写真を撮るなど大喜びだった。

サンタさんがいっぱい! 国道維持補修工事を請け負う建設会社の社員らが保育園を訪れ絵本をプレゼント
サンタさんがいっぱい! 国道維持補修工事を請け負う建設会社の社員らが保育園を訪れ絵本をプレゼント



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field