文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 8月21日(火)付け紙面より

鶴岡お祭りウィーク 最後飾る「おぃやさ祭り」熱く

 鶴岡お祭りウィークの最後を飾る「おぃやさ祭り」が19日、鶴岡市の山王通りで行われた。華やかな衣装に身を包んだ県内外から参加した子どもから大人までの約510人が、歩行者天国となった山王商店街で昼夜にわたって躍動感あふれる熱い踊りを披露した。

 江戸時代から明治初期にかけて盛んだった鶴岡の盆踊り文化の復活を目指し、踊り団体や商店街などで実行委員会(和田力委員長)をつくり、8月の山王ナイトバザールに合わせて開催している。14回目の今回は茨城や宮城、岩手、秋田の県外7チームを含め庄内各地の踊りチームや職場仲間など32団体が出演した。

 「昼の舞」のオープニングでは「東北YOSAKOI旗振り連合勇姿会」をゲストに迎え、大きな旗をはためかせる旗振りの妙技を披露。30本余りの大旗が路上を覆い尽くすように振られる圧巻のパフォーマンスで観客を楽しませた後、各団体がそれぞれ得意とする踊りを華やかに繰り広げた。

 夕方からの「夜の舞」では、恒例の「庄内はえや節」の生バンド演奏による流し踊り。各団体がオリジナルの振り付けで華やかで躍動感いっぱいの踊りを披露。観客も大きな拍手を送るなど一体となって祭りを盛り上げていた。

 会場では、観客が踊り手に「美躍シール」を貼って投票する観客投票も行われ、「おぃやさ大賞」には、鶴岡のチームで初出場の「舞承連」が選ばれた。

県内外から出場した各団体が鶴岡の夏を躍動感あふれる踊りで彩った「おぃやさ祭り」
県内外から出場した各団体が鶴岡の夏を躍動感あふれる踊りで彩った「おぃやさ祭り」

東北YOSAKOI旗振り連合勇姿会メンバーの旗振りパフォーマンスに、観客も大いに盛り上がった
東北YOSAKOI旗振り連合勇姿会メンバーの旗振りパフォーマンスに、観客も大いに盛り上がった



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field