文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 8月21日(火)付け紙面より

感動花火1万2000発 鶴岡の夜空染める

 第28回赤川花火大会が18日、鶴岡市の赤川河川敷で行われた。全国トップクラスの花火師たちによる計1万2000発を超える花火が打ち上げられ、初秋の夜空を色鮮やかに焦がした。

 公益社団法人鶴岡青年会議所(佐藤航理事長)などで組織する実行委員会(齋藤陽平委員長)が主催。今大会のテーマは「誇り こころゆさぶる感動花火」。

 午後7時すぎ、カウントダウンとともに壮大なオープニングでスタート。全国各地の花火師が技術を競い合う「割物花火」と「デザイン花火」、ストーリー仕立ての「ドラマチック花火」、市民からの募金を基にした「市民花火」と続き、夜空に大輪を咲かせた。エンディングでは打ち上げ幅700メートルの視界を埋めるような閃光(せんこう)と音楽が共演。観客から大きな歓声と拍手が起こっていた。この日は、主催者発表で過去最高となる約35万人(前年比約2万人増)が来場した。

秋を感じさせる鶴岡の夜空を鮮やかに染め上げた
秋を感じさせる鶴岡の夜空を鮮やかに染め上げた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field