文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 9月2日(日)付け紙面より

飛島に高校生ヘリフライト

 庄内空港の累計搭乗者1000万人達成を記念したヘリコプターフライトが1日、同空港を起点に行われ、次代を担う庄内地方の高校生たちが県内唯一の離島で、「鳥海山・飛島ジオパーク」として日本ジオパークに認定されている酒田市の飛島へのフライトを楽しんだ。

 同空港は1991年10月1日の開港以来、定期便とチャーター便の累計搭乗者が8月28日、1000万人に達した。フライトはこれを記念し、同空港ビルを管理する庄内空港ビル(山下高明社長)が、次代を担う若い世代に地域の魅力を再発見してもらい、郷土愛を育もうと企画。酒田南高3人、鶴岡南高4人の計7人の高校生を招待した。

 この日は午前9時15分に第1陣の高校生3人が出発。同10時から同空港ビルで行われた出発式には第2陣の高校生4人のほか、ANAホールディングスの伊東信一郎会長、庄内空港利用振興協議会長の丸山至酒田市長、同空港ビル会長の皆川治鶴岡市長らが出席。山下社長は「1000万人を節目に、空港ビルはより多くの人が集い、地元が潤い、本県のランドマークとして活躍できるように変わっていきたい」とあいさつした。

 来賓祝辞などに続き、高校生を代表し酒田南高3年の遠藤翔太さん(18)が「人生初のヘリと飛島を楽しみ、将来、庄内の自然のために何ができるか考え、周囲に庄内のジオパークの素晴らしさを伝えたい」と述べた。

 その後、高校生たちは空港エプロンから鳥海山・飛島ジオガイド1人と共にヘリ(7人乗り)に乗り込み、関係者に見送られて出発。飛島間の片道約15分間のフライトと、同島に約3時間滞在しての島内散策を楽しんだ。
           

飛島に向け、庄内空港からヘリに乗り込む高校生ら=1日午前10時50分ごろ
飛島に向け、庄内空港からヘリに乗り込む高校生ら=1日午前10時50分ごろ


2018年(平成30年) 9月2日(日)付け紙面より

遊佐の大自然を満喫

 今年で26回目を迎えた遊佐町の「奥の細道鳥海ツーデーマーチ」が1日、町内一帯で開幕した。2日までの2日間、全国各地から参加したウオーカーが自らの体力に合わせ、遊佐の大自然を満喫しながら歩く。初日は5コースに1705人がエントリーした。

 「聴こう! 山の囁(ささや)き 波の高鳴り 大地の鼓動」をテーマに、町内の自然に浸りながら全国のウオーカーたちと交流することで、町民の健康増進に役立てようと、町、日本ウオーキング協会などが1993年から毎年この時期に開催している。

 初日は、いずれも町民体育館前広場を発着する40キロ(参加者160人)、20キロ(同324人)、10キロ(同533人)、5キロ(同630人)、1キロ(同58人)の5コース。このうち20キロコースの開会行事では、土門治明町議会議長が「雨は皆さんの熱気でやみ、鳥海山もその姿を見せ始めた。遊佐の自然をじっくりと堪能して」とウオーカーを歓迎。同町の藤崎小6年児童たちが「エイエイオー」と勝ちどきを上げた後、参加者は次々と出発ゲートをくぐってスタートした。

 心地よい風が吹く中、参加者は黄金色に色づき始めた田園、輝く日本海、道端に咲く草花などに初秋の気配を感じながら自らの体力に合わせ歩いていた。2日は30、20、10、5キロの4コースで、2日間で延べ約3000人が遊佐の大自然と触れ合う。

稲穂がこうべを垂れた田園地帯を歩く参加者たち=1日午前
稲穂がこうべを垂れた田園地帯を歩く参加者たち=1日午前



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field