文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(令和0年) 12月30日(日)付け紙面より

鶴岡市先端研究産業支援センター 旧栄小校舎改修、別棟に

 鶴岡市は、バイオ関連産業の拠点化を目指し、同市覚岸寺周辺のサイエンスパーク(面積21・5ヘクタール)に設置しているレンタルラボの市先端研究産業支援センター(鶴岡メタボロームキャンパス)の貸室が満杯となっているのを受け、同施設から約3キロ北にある旧栄小学校の校舎を活用した同支援センターの別棟を来年4月に開設する。活用に向け旧校舎の改修工事を進めており、バイオ関連の研究開発のさらなる集積につなげる。

 支援センターは、慶應義塾大先端生命科学研究所(冨田勝所長)のバイオラボ棟に隣接して、市が整備した。慶應先端研の世界最先端のメタボローム解析技術を核に、バイオ産業の集積を誘導する施設で、現在、6棟合わせて62室ある貸室はほぼ満杯状態となっている。

 センターの敷地は4・3ヘクタール、建物は鉄骨造り一部2階建て延べ床面積約8200平方メートル。最初のA棟が2005年供用を開始し、翌06年にはB棟が開設された。慶應先端研発ベンチャー企業が次々と設立され、同センターに入居したこともあり、当初の貸室が短期間で満杯となり、市は11年に46室分を増設した新棟を整備した。

 現在は慶應先端研をはじめ、先端研発ベンチャー6社のうちヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(HMT)、人工合成クモ糸開発のSpiber(スパイバー)、サリバテック、メタジェンの4社、理化学研究所、鶴岡高専、国立がん研究センター・鶴岡連携拠点がんメタボロミクス研究室など15社・団体が入居し、空き室がない状態が続いている。

 こうした状態を解消し、新たな入居需要に応えるため市は、サイエンスパークから比較的近距離にある3階建ての旧栄小校舎の活用を決め、先月から改修工事に入った。栄小は今年4月に京田小と統合し、廃校となった。改修の事業費は約1億円で、国の地方創生拠点整備交付金で2分の1の補助を受ける。旧教室などの間取りを生かしながら不燃壁や非常用窓、トイレなどを改修し3月中旬に完成予定。

 1―3階の広さ約60平方メートルから約150平方メートルまでの9室を月額1万1900円―4万8000円で貸し出すほか、シェアオフィス1室(10区画)を2階に設け、1区画を月額4100円でレンタルする。サイエンスパークの支援センターのような本格的な貸室でないため、簡易な実験などへの利用を想定。本年度中に事前の入居募集を行い、市の審査を経て、来年4月1日から入居となる。

 市の担当者は「支援センターの貸室の空き状況を確認する問い合わせもあり、入居需要はある程度見込まれる。支援センターに既に入居している企業による補完的利用も考えられ、レンタルラボとして活用を図り、バイオ関連産業の集積を進めたい」と話している。

市先端研究産業支援センターの別棟として改修し、来年4月から貸し出される旧栄小校舎(今年3月)
市先端研究産業支援センターの別棟として改修し、来年4月から貸し出される旧栄小校舎(今年3月)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field