文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 3月18日(日)付け紙面より

「春告げ梅」咲く

 鶴岡公園内の大寶館そばにある紅梅が花を咲かせた。昨年に比べて1カ月遅い開花となったが、鮮やかなピンクの花がまだ肌寒い公園に本格的な春の訪れを告げている。

 大寶館そばの紅梅は毎年2月中旬ごろから3月にかけて開花する。市内でも早くに花を咲かせ、「春の訪れを告げる梅」として市民に親しまれている。同館職員が17日朝、1輪の花がほころんでいるのを見つけた。昨年は2月17日に開花している。

 山形地方気象台によると、同日午前10時までの鶴岡の最高気温は2・9度。最高気温21・9度となった15日の陽気が開花を促したようだ。同市の致道館でも16日、館内にある1本の梅の木で数輪の花が開いたという。

 大寶館の職員は「つぼみが膨らんできてそろそろ咲くと思っていた。今日やっと咲いて春が来たなとワクワクする。梅が咲くと公園もにぎわってくる。桜ももうすぐ咲きそうなので皆さんに見ていただきたい」と話していた。

まだ肌寒い公園に春の訪れを告げるように鮮やかなピンクの花が開いた=17日午前、大寶館そば
まだ肌寒い公園に春の訪れを告げるように鮮やかなピンクの花が開いた=17日午前、大寶館そば


2018年(平成30年) 3月18日(日)付け紙面より

庄内地方31小学校で卒業式

 庄内地方の多くの小学校で卒業式が行われた17日、来月から羽黒二小と統合し、「羽黒小」として再出発する羽黒一小(土井浩貴校長、児童49人)では、最後の卒業生となる13人が6年間の思い出と希望を胸に学びやを巣立った。

 この日は、庄内5市町の計31校で卒業式があり、4月に鶴岡市の京田小に統合される栄小、藤島小に統合される長沼小でも、それぞれ最後の卒業式が行われた。18日までに全ての小学校で行われる。

 羽黒一小の卒業式は午前10時に開式。保護者や在校生、教職員、地域の来賓などの拍手の中、少し大きめの学生服に身を包んだ卒業生が入場。卒業証書授与では、土井校長から受け取った卒業生が「子どもや保護者から愛される保育士になりたい」「安全安心の家を造る大工を目指す」などと将来の夢を力強く発表した。

 式辞で土井校長は「皆さん一人一人に誰にも負けない良さがある。他人との比較ではなくマイベストを目指し、高いハードルが立ちはだかっても諦めずに続け、自信を持って自己決定できる人になれるよう、いつまでも応援しています」と卒業生にはなむけの言葉を贈った。

 来賓祝辞などの後、「別れの言葉」として卒業生と在校生が保護者や先生、友人、学びやへの感謝の気持ちを呼び掛け合い、「ここにいる49人全員が『月山の高きをめざせ、大東っ子』を忘れずに、頑張っていく。大きな希望を胸に中学校へ旅立ちます。僕たちの誇り羽黒一小さようなら」と発表。全校合唱で涙を拭いながら思いを込めて大きな歌声を響き渡らせた。

羽黒一小最後の卒業式で歌声を響かせる児童たち
羽黒一小最後の卒業式で歌声を響かせる児童たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field