文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 5月14日(火)付け紙面より

春の山菜使った料理学ぶ

 鶴岡の郷土料理や行事食などのレシピ集「つるおかおうち御膳」を学ぶ年間講座の第1回目が12日、鶴岡市の櫛引生涯学習センターで開かれた。市内の主婦らが参加し、春の山菜を使った料理を学んだ。

 「つるおかおうち御膳」は2010年9月の第1刷から18年11月の第8刷まで計2万5000冊を発刊する。料理教室はレシピを広く伝えようと13年度から開催。本年度は鶴岡食文化創造都市推進協議会が主催し、初めて年間講座として企画した。

 この日は「山のめぐみ『春の山菜料理』を学ぶ」と題して行われ、いずれも産直あさひグー組合員の難波玉美さん(70)=大針=と伊藤ます子さん(70)=砂川=の2人を講師に、市内から約20人が参加。あく抜きや戻し方から始まり、「山ウドのくるみ和え」「赤みずのさっぱり漬」「わらびのあんかけ」「赤こごみの白和え」「こしあぶらごはん」「月山筍汁」を作った。

 「月山筍汁には身欠きニシンを入れるのがおすすめ」「片栗粉は煮立った後に入れた方が、つやが出る」などとワンポイントを熱心にメモしながら調理し、炊き上がったご飯にコシアブラを混ぜ込むと「香りいい」「色鮮やか」などと一品出来上がるたびに歓声。配膳後は、春の山菜づくしを満喫した。

 鶴岡市外内島のアルバイト、青柳和香菜さん(28)は、地元の料理を学びたいと全年間講座を予約。「山菜の下処理の苦労を初めて知った。今日学んだ白和えを一緒に暮らす祖父に早速作ってあげたい」と話す。

 年間講座は来年2月までの計8回で、いずれも参加希望者はキャンセル待ち状態。4月15日ごろから参加募集を始めたところ、5月初めには全講座定員に達したという。

旬の山菜料理を学んだ
旬の山菜料理を学んだ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field