文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 5月14日(火)付け紙面より

茨木さんの詩の世界楽しむ

 詩人・茨木のり子さん(1926―2006年)の菩提寺(ぼだいじ)として知られる鶴岡市加茂の浄禅寺(西方信夫住職)で12日、茨木作品の朗読会が行われた。

 加茂地区の赤灯台の保存を呼び掛けたメンバーらでつくる加茂レインボーの会(長谷川芳男代表)が主催。タチアオイやアジサイ、ヤブカンゾウなどさまざまな花が咲く「花微笑(ほほえむ)む寺」の浄禅寺を加茂の文化拠点として広めようと、市民有志による茨木のり子六月の会(黒羽根洋司代表)の協力で2年前から、クリンソウ観賞と合わせて開催している。

 この日は約60人が参加。開会行事で西方住職は「茨木さんのお参りに、全国各地から来ている。先日は韓国から墓参に訪れる人がいた。皆さんからもお参りがてら訪れていただき、加茂の港を一望できる景観を楽しんでもらえれば」とあいさつした。茨木さんの最後の詩集『歳月』に収載された「泉」「町角」「レインコート」「歳月」などの作品を六月の会メンバーが朗読し、林裕子さんが朗読の合間にハープ演奏を披露。最後は参加者全員で「六月」の詩を群読した。朗読会後は遠州流有志による呈茶もあり、参加者たちは地元の女性たちでつくる「おもしろい“かも”」特製のお茶菓子「さざ波の福くるみ餅」と一緒に味わっていた。

茨木さんの菩提寺・浄禅寺で開かれた詩の朗読会
茨木さんの菩提寺・浄禅寺で開かれた詩の朗読会



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field