文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 8月16日(金)付け紙面より

平和への誓い新た

 戦後74年を迎えた終戦の日の15日、「慰霊と平和を願う集い」が鶴岡市の鶴岡公園内にある護国神社で行われ、戦没者の遺族らが追悼の黙とうをささげた。

 集いは鶴岡市遺族会連合会(山田登会長)や荘内神社(石原純一宮司)、自衛隊退職者でつくる隊友会などが主催し、約20人が参列した。追悼の言葉として、山田会長が「戦没者の方々の犠牲の上に成り立っている平和の尊さに思いを巡らせ、令和の時代も平和で豊かな社会に努めていかなければ」と述べた。神事や巫女(みこ)による戦没者慰霊の舞、玉串奉納などに続き、正午には政府主催の全国戦没者追悼式のテレビ放送に合わせて黙とうをささげ、天皇陛下のお言葉に聞き入った。

 参列者たちは「すいとん」を食べて戦時中に思いをはせ、戦争を風化させることなく語り継ぐことや平和への誓いを新たにしていた。

全国戦没者追悼式に合わせ黙とうをささげる参列者
全国戦没者追悼式に合わせ黙とうをささげる参列者



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field